« 今日も | Main | 自覚症状が出ない »

成人病健診結果

健診結果が届いた。
過去ずぅっと基準値をオーバーしていたγ-GTPの値が今回初めて基準範囲に収まった。

γ-GTP=GOT・GPTと同じくたんぱく質を分解する酵素のひとつ。アルコールや薬剤などが肝細胞を破壊したときや、結石・がんなどで胆管が閉塞したときに、血中に出てくるもので、肝臓や胆道に病気があると異常値を示す。とくにアルコール性肝障害の指標として有効である。

要するに、アルコール(お酒)を控えれば良いということは分かっていたのだが、実行しなくて(できなくて)、好き放題増殖させていたこのγ-GTPをようやく抑え込むことができた。
総コレステロールの値も基準範囲内だ。
食事に気をつけ、腹八分を肝に銘じ、体重を2キロ落とした努力が報われた。ヤッター。完璧だ。(達成感)
と思ったら、ん、「血液一般検査でわずかな異常が見られますが、問題ありません。」だと?
ナンダ、ナンダ。Ht(ヘマトリック)?なんじゃこりゃ?
一定量の血液中に存在する赤血球の容積の割合を示した数字。 ヘマトクリット値の増減はたいていの場合、赤血球の量に支配されているので、貧血や赤血球増加の有無や程度を判定する指標になる。正常値の目安は、男性で40~50%、女性で35~45%。

よう分からんが、基準範囲(男38.0-48.9)に対して50.3。ほとんど範囲内じゃん。問題ない。完璧だ。(達成感)
と思っていた矢先、総コレステロールについて意外な情報が。
血中に含まれるコレステロールの総量のこと。コレステロールは血管の強化、維持に大切な役割を果たしている。しかし、この数値が高くなると動脈硬化の危険性が高まる。120~220mg/dLが正常値の目安とされている。

結果表と一緒に添付されていた「検査値による指導区分の基準範囲」によると総コレステロールの基準範囲は140-199。
ところが、どこかの偉いお医者さんのおっしゃるには、統計的にみて総コレステロールは220-240位あったほうが病気にかかりにくいんだそうな。
そ、そんな。
220だった総コレステロールの値を194に落とした俺の努力は何なんだー。
「基準、標準というものを妄信してはいけない」という基本スタンスを忘れるとこういう目にあう。
んー。勉強になった。
それにしても、20代の頃って成人病健診の存在すら知らなかったし、30代から40代前半の頃って結果がどうあれ気にもしなかった。
加齢って華麗じゃないね。

|

« 今日も | Main | 自覚症状が出ない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんにちはー。
コレステロール値が低すぎるのも問題で、低すぎると鬱病や境界性人格障害になる可能性を高くするかもしれない、という調査結果もあるようです(^^;
まぁ、いわゆる基準値あれば問題ないのですが、あくまで低すぎる場合(ただし、基準値の下ギリギリは結構かかりやすいみたい)。

結局、身体に必要だからコレステロールも存在しているわけで、あまりに敵視するのもよろしくない、ということですね。
(例えば脳細胞の膜を堅固にして形を整えたり、脳内物質のセンサーを助けてその感度を高めるなど)

Posted by: くわとろ | 2004.02.21 at 13:27

こんにちは、くわとろさん。

結局、身体に必要だからコレステロールも存在しているわけで、あまりに敵視するのもよろしくない、ということですね。

そ!そうなんですね。
「コレステロール=体に悪い」は間違った認識でした。
もっとコレステロールと仲良くしよっと。

Posted by: ハルク | 2004.02.21 at 18:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/216566

Listed below are links to weblogs that reference 成人病健診結果:

« 今日も | Main | 自覚症状が出ない »