« 快眠10ヶ条 | Main | 何のテクノロジー »

時は金なり

<日本標準時>誤差1億分の1秒に
現在の誤差は1億分の2.5秒なんだって。
それを1億1千万円かけて1億分の1秒にするんだって。
0.000000015秒(計算間違えてないよな)誤差を縮めるのに1億1千万円だって。
その目的は、

インターネットを利用した電子取引・決済が普及する中で、時刻によって契約確認を行う時刻認証への重要度が高まっているため、時刻の信頼性を向上させ、ネット社会の基盤強化を図ることを狙っている。

らしいのだが、ふと疑問が。
いくら誤差を縮めてもその正確な時刻を利用できる(あるいは利用する)設備、環境が整ってなければ宝の持ち腐れでないの。
現在の「1億分の2.5秒しかない誤差」をどれだけの人、どれだけの施設、どれだけのネット社会が享受できてるんだろうか。
せいぜい分単位でしか生活していない俺には分からん世界だ。

|

« 快眠10ヶ条 | Main | 何のテクノロジー »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/299021

Listed below are links to weblogs that reference 時は金なり:

« 快眠10ヶ条 | Main | 何のテクノロジー »