« まだ帰れない | Main | もうすぐ春休み »

自由と保護

「表現の自由」と「プライバシー保護」。
週刊文春の出版禁止は、「プライバシー保護」を重視した決定となった。

「週刊誌の存続が危うくなると強い危機感」
「ジャーナリズムに司法が介入したことに強い危機感」
「雑誌つぶしの意図を強く感じる」
などなど、週刊各誌は一斉に反発している。

ジャーナリズムは「言論の自由」や「国民の知る権利」を主張するが、巷に氾濫する週刊誌は、「売らんがため」の記事が大半のような気がする。(ほとんど中身を読んだことは無いから個人的な偏見かもしれないが)
「売れる」記事にするために、時に傍若無人の取材やプライバシー侵害が問題となる。
今回の文春の記事もその域を出ていないような気がするのだが。
したがって、週刊各誌の主張も分からなくはないが、共感はできない。

非常に共感できる記事はこちら。
タイトルからしてシャレてるぜ。
伝家の宝刀を預かる者

その伝家の宝刀を預かる者は、自律が何より求められます。
自由には責任が求められる、と成人式報道で繰り返していたのは報道・マスコミではなかったですか?
むやみやたらに伝家の宝刀を振り回してはいけないのです。
「伝家の宝刀=報道の自由」を預かる者として、「報道」がその権利(地位)を保ち得るだけのものであり続けるように努力していかなくてはいけないのです。
ひらたく言えば、伝家の宝刀を伝家の宝刀たらしめるのは預かる者次第なのです。

最近の報道・マスコミはこのことを忘れて、ただひたすらに伝家の宝刀を振りかざしているように見えます。
少なくとも今の報道には「伝家の宝刀」たりえると思えるものがそう多くはないのです。


いいねぇ~。
週刊各誌にメールで送ってやろうかしら。

|

« まだ帰れない | Main | もうすぐ春休み »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/328036

Listed below are links to weblogs that reference 自由と保護:

« まだ帰れない | Main | もうすぐ春休み »