« 自然復旧 | Main | ひな祭り »

興味のないこと

仕事ではなく、プライベートな時間に個人はどこまで組織(会社・職場)のために動けるか?
要は個人の気持ちの持ち方であり、突き詰めていくと、最終的には個人の許容範囲の問題となるのかな。
「プライベートな時間は一分たりとも組織のためには使いたくない」というのも一つの考えだろうし、「まぁ、会社のためになるんだったら、最終的には自分のためにもなるだろうから、これくらいなら良いか」という考えもありだと思う。
ただ、あくまでも個人が(積極的であろうが、しぶしぶであろうが)納得することが大事だと思う。
そうでなければ、それは強制されたものとなり、いわば、やらなければならない仕事となってしまう。
プライベートな時間に組織のために何かをする。しかもその内容は個人的にはあまり興味のないこと。となると、それは個人の許容範囲内のことか否かにかかってくると思う。
その許容範囲ももちろん個人差があり、取り巻く環境や人々によって変わってくるのだけれど。
今日、職場で起こったちょっとした依頼に対してふと思ったことであった。
自分の中では「許容範囲内ではあるな」「どうせやらなければいけないのならば、(気の持ちようとして)嫌々よりかは積極的に」という考えはある。
それでも何か引っかかる。
すっきりしない。
「本当にどうしてもやらなければならないことなの?」
「俺、まったく興味ないんだけど・・・。」

|

« 自然復旧 | Main | ひな祭り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/254643

Listed below are links to weblogs that reference 興味のないこと:

« 自然復旧 | Main | ひな祭り »