« 日曜日だというのに | Main | 笑わぬ笑顔 »

どれほどの効果が

たばこカード、成人に発行…なければ買えない自販機(読売新聞)

たばこ購入希望者は、生年月日を確認できる身分証の写しと本人の写真を添えて、島内約140のたばこ販売店などに申し込み、同協会が成人であることを確認したうえで、ICチップ搭載の「たばこカード」を発行する。

確かに未成年者が自動販売機でタバコを買いづらくするひとつの方法だとは思うが。
どれほどの効果が期待できるのだろう。
地域なり社会がきちんと監視機能を働かせなければ未成年者の喫煙防止は進まないと思うよ。
ハードの整備ではなくソフトだと思うんだがなぁ。

|

« 日曜日だというのに | Main | 笑わぬ笑顔 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

こんばんわ。
大人と違って子供には「頭ごなしでもなんでもダメなものはダメ」
そういうものがあるんだよって下地が子供になければ、難しそうですね。
愛ある禁止とその背中合わせの若年者への大人の責任。
守られてる自分たち子供って感覚と申しましょうか。
我が家では母が(父でなく)「誰に食べさせてもらってると・・・」と
優雅とは言えない方法ですが分からせてくれてました。おっと脱線。

おっしゃるように、ハード揃えても最後は人力が決め手かと。
しかし・・・このハードも問題ありそうな気がしませんか。
記事を見てきたんですが、観光客にもカード配布とか。
プリペイドは追加金登録できるのかしら。ゴミ増えそ。

Posted by: おやゆび | 2004.05.12 at 01:22

おやゆびさん、こんばんは。
>このハードも問題ありそうな気がしませんか。
そうですよね。
「たばこカード」が未成年者には絶対、手に入らない仕組みを作ることは不可能だと思いますし、そんな仕組みが可能だとしても、大人の「愛ある禁止」がなければ結局は未成年者の喫煙はなくならないと思うんですよ。
だからこそハードではなくソフトだと思うんですけどねぇ。

Posted by: ハルク | 2004.05.12 at 19:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/571519

Listed below are links to weblogs that reference どれほどの効果が:

« 日曜日だというのに | Main | 笑わぬ笑顔 »