« May 2004 | Main | July 2004 »

不可能を可能に

「青いバラ」の開発に成功

サントリーは6月30日、世界で初めて青いバラの開発に成功した、と発表した。不可能の代名詞とされてきたBlue Rose。“青っぽい”バラはあったが、これはバイオテクノロジーでバラ自身が青色色素を作り出すことに成功。不可能を可能にした。

たいしたもんだ。
不可能は可能となった時点で不可能ではなくなる。
だから世の中に不可能は何も無い。
なんか禅問答みたいだが、そんな言葉をふと思い出した。

ただ、これって自然:不自然の範疇で言えば不自然。
天然:人工で分類すれば人工。
作為:不作為のどちらかといえば作為。
人間はどこまでこういったこと(遺伝子操作)が許されるんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

猛暑続く

昨日、今日と二日連続の真夏日。
まるで梅雨明けの夏のような猛暑である。

その真夏日に連続の日帰り出張。
二日間の走行距離360キロ。
運転疲れというよりも暑さにバテた。

週間天気予報でも最高気温30度以上の真夏日予想が続いている。
夏バテ注意報発令>自分。
解消法>つめた~いビール。(オッ)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

主夫は続くよいつまでも

魚一本まるごと頂き物。
2.4キロのシビマグロ。
シビマグロ
やったー。
今日はニギリだぁ。
と喜んでいたら、友人宅に不幸があり妻はお通夜へ。

という訳で、主夫(夕食準備)3日目。
♪主~夫は続く~よ い~つまでも~♪
ココログに「マメな亭主」をアピールしすぎてバチが当たったのか。
こうなりゃヤケだ。
貰った魚を三枚に下ろして・・・
といきたいところだが、実は俺、魚は食べるのが専門。
アジ・サバすらも調理できない我が身にとって、2.4キロのまるごと魚は食物のカテゴリに無い。
結局、マグロを横目に見ながら、刺身になったところを想像しつつ、冷蔵庫にあったもので夕食。

明日こそ主婦!
トロのニギリ!
頼むぜ!>妻よ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

家庭訪問終了

家庭訪問、無事終了。
14:30。予定通り先生到着。
15:15。お疲れさんでしたぁ~。

昨夜の飲み会の反省(?)から話が始まり、ほとんど世間話だったような気がしないでもないが、45分間が早く過ぎたってことはそれなりに充実していたってことかな。
特に驚く話もガッカリする話も喜ぶ話も無かったが、先生と(アルコール抜きで)話ができたことはやはり良かった。
我が子は先生をあまり好んではいない口ぶりで、いろいろと不満を先生や親にぶつけていたのだが、今日話をしてみて、我が子の不満をある程度は認識してくれているという感想を持った。
寮生活という集団の中で自己を確立しつつある段階の子供をそれなりに理解し、サポートしていこうとしている感じは受けた。

我が子よ。
先生に対する不平、不満はあっていい。
ただ、不平、不満だけだとそれ以外の(見えるはずの)ものが見えなくなってしまうと思う。
先生の生徒に対するいろいろな想いを感じ、理解して欲しい。
相性の良し悪しはあると思うけれど、オマエが言ってる(考えてる)ほどじゃないと思うゾ。
相手を認めることから始めよう。

で、俺が全面的にその存在を認めている妻なんだが。
先生が帰るなり。
「針治療に言ってくるね。夕飯の支度お願いね。」
って。オイ。
君はココログのネタを提供しようと思ってワザとやってんじゃねぇーだろうな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

家庭訪問直前

昨夜、飲み会から帰って布団に入ったのは3:00AM。
なのに。
どうして今朝は8:00前に目が覚めるんだ。
家庭訪問(14:30予定)までにやらねばならないこと(掃除、洗濯、etc)が山ほどある妻はともかく、夫はノルマを果たして、のんびり昼近くまで寝ててもいいはずなのに。
やはり、歳とともに早起きになるという世間一般の通説には逆らえないのか。(むぅ)

妻は只今トイレ掃除中。
さすがに「もう明日は無い」ことを自覚しているのか、必死モード。
先生到着まであと3時間余り。
ガンバレー。
と完全に他人事を決め込んでいたら。
「掃除機かけた後の拭き掃除お願いね。」

抵抗する気力がありません。
夫はアルコールがまだ体内を駆け巡っている状態でココログしながら、家庭訪問の実況中継ができないものか、などど不埒な事を考えているもんで。

昨夜、担任の先生とも結構話をした後で、
「もう家庭訪問で話すことも無いでしょ?」と投げかけたら、
「いや、まだお子さんの成績の話をしていません。」
あ、そう。
我が子の場合、成績の話はもういいんですけど・・・
何はともあれ先生到着まで秒読み開始。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

大掃除?

「今日は大掃除だぁ」と張り切っていたはずの妻が「おはよう」と起きてきたのは9:00過ぎてきた。
とりあえずすぐに洗濯機を回し始めたので、「おっ、やる気だな。手伝わずばなるまい。」と思っていたのだが。
次に始めたことはファッションショー?
「ねぇ、ねぇ、この服どーぉ?」
今日の父兄懇談会に着て行く服を決めるんだって。
あ、あのねぇ。

とりあえず、役割り分担を決めて、俺が布団上げに、エアコン掃除と昼食準備。
妻が部屋にある(本やら小物やらが雑然とのっかっている)棚の整理。
チョット俺のほうが働きすぎかなとも思ったが、(あの雑然とした棚を片づけるのだから)ま、いっか。

で、夫は頑張りましたよ。
11:45には全ての仕事を終えて、「おーい、お昼食べるぞー」(ちなみに手っ取り早くカレー。妻が食べたいと言うし。これしかできないからでは決してない。)

俺「はかどってる?棚、片付いた?」
妻「うん。ずいぶん片付いた。でもまだ、まだ。なかなか、大変。」
って、片付いたのかい?まだなのかい?どっちだよ?
百聞は一見にしかず。
見た。
・・・。
俺「あの~、あんまり変わってないような気がするんですけど~。」
妻「ううん。そんなことないよ。」
俺「棚から下ろして畳に散らばってるこの小物はどうなるんでしょうかねぇ?」
妻「あ、それ明日片づける。今日はもう時間無いから。」
俺「こっち(もうひとつの棚)は?」
妻「うん。そこは最初から明日やる予定。」

またしても、「明日があるさ」
お気楽夫婦(というより能天気な妻に翻弄される夫)のある休日の半日であった。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

準備

今日帰宅後にやったこと=庭の芝刈り。
明日午前中にやらなければならないこと=庭の雑草抜きと部屋の中の大掃除。
理由=日曜日(6/27)家庭参観日。
ま、学校の先生は庭を見に来るわけでも、部屋の片付き具合をチェックしに来るわけでもないんだけどね。
掃除機かける程度で十分だと思うのだが。
部屋の中の大掃除は妻が頑としてやる気である。
大掃除ってねぇ。
普段からそれなりに片づけてればこんな時に大掃除しなくて済むんだよ。
明日があるさ。なんて言ってるから間際にジタバタするんだゾ。

それにしても。
明日(土曜日)は父兄の懇談会があり、二次会まで飲み会がセッティングされており、それに先生も招待することになっている。
ということは、アルコールを飲みながらとはいえ、先生とは話をする時間は充分あるわけであり、その翌日にシラフで家庭訪問を受けて何話すんだろ。
昨夜の反省会?
それとも迎え酒?

何はともあれ準備、準備。
焼酎あったっけ?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

参院選開始

汚名返上にATM作戦、画面に標語(時事通信)

「投票率 脱・最下位宣言すべてはあなたの投票から」-。過去2回の参院選投票率が全国最下位だった茨城県。県選挙管理委員会は24日、汚名返上のため、金融機関の現金自動預払機(ATM)の画面に投票を呼び掛ける標語を表示する作戦を始めた。

ま、あの手この手という感も無きにしも非ずだけど。
結果を楽しみにしておこう。

今回は俺の職場でも結構一生懸命に推薦者を応援するスタンスらしく、朝も早よ(7:30)から祈願祭に駆り出され、10:00からの出陣式まで応援と称して行かされた。
土砂降りの雨の中、忙しいというのに、半日無駄にしてしまったゾ。(プンプン)
どうにかなんないのかねぇ。組織選挙。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日があるさ

昨日の夜、アイロンかけをしていた妻。
1枚かけ終わったところで、
「よし、明日の分終了。今日はここまで。」
俺「どうせアイロン出したんだしさ、残りもやったら?」
妻「もういい。暑い。明日があるさ。」

明日でよいことは明日やる>妻。
今日できることは今日やる>俺。
どっちが得してると思う?

| | Comments (5) | TrackBack (0)

どこにいったんだ

一応出た。
ささやかながらも。
貰えるだけでも感謝なんだけどね。
世の中厳しいから。
でも、その日のうちに羽が生えてどっかに飛んで行ってしまった。
どこに行ったんだぁー。
俺のボーナス。(クスン)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

知らぬ間に

台風(6号)は九州の東海上を通過。
近くの海岸ではウミガメの産卵地である砂浜が500メートルにわたって10メートルほど侵食されて、既に産卵されていた卵が駄目になったり、防潮林の松が根こそぎ倒されたりしたという被害がニュースで流れていた。
台風は昨夜の(寝ている)うちに最接近したらしいが、な~んも分からず夢の中だった。
心配した割には、我が家にとっては大したことなかったみたい。
庭の苗(ミニトマト・スイカ・ピーマン・ナス)たちもみんな無事。(よかった、よかった)

ホントは庭で楽しみたかったのだが、妻が「台風に倒されるくらいなら」と摘んで花瓶に活けた。
カサブランカ&グラジオラス

| | Comments (3) | TrackBack (0)

父の日に寄せて

「ありがと。BLOG」へトラックバック。

親父のいない父の日は今年でもう2回目になる。

魚のさばき方が上手で、書道が得意で、焼酎が好きで、にぎやかなこと、人を集めることを好み、孫たちを可愛がり、母を愛し、頼りにし、そして自分がいなくなったあとの母を気遣っていた父。
決して放任主義ではなかったが激しく叱られた記憶は無い。
父の日や誕生日にプレゼントをすると喜んではくれるのだが、多分照れくさかったのだろう、ありがとうの言葉を聞いたことは無かった。
さすがに孫たちには手放しで喜びとか感謝をぶつけていたが。
頑固な考え方、性格に反発したこともあったがその反発をも吸収してくれていたように思う。「いつも気にかけ、見守ってくれている」そんな親父だったような気がする。
そしてそれは俺が我が子に対するスタンスにもなっているかな?

1986年2月にガンの摘出手術をしたものの10年後に再発。
1996年8月、医師から「骨に転移しています。年越しは難しいでしょう。」と聞かされ、俺の口から親父に伝えた。
がっかりはしたけれど諦めはしなかった父。
抗がん剤と放射線治療でかなり体を痛めつけられながら黙々と治療を続けそして克服した。
1997年3月には治療を終え、再再発する2002年までの約5年間は、孫たちと旅行をしたり、好きな書道や魚料理を堪能し、区長の責務を積極的にこなす等々、退職後のある意味一番充実した時期であったかもしれないと思う。
再再発の時、本人が出した結論は「今回は抗がん剤も放射線治療もやらない」ということであり、母を含む家族もそれを了解した。
半年間は定期的な通院だけで、今まで通りの日常生活を頑張ったが、2002年7月ついに入院を余儀なくされた。

入院後の病状は坂道を転がり落ちるという形容が当てはまるものであり、入院してから2ヶ月後には逝ってしまった。
その2ヶ月間、母はほとんど病院に詰めっきりで、俺たち夫婦と妹夫婦は母のサポートに交代で病院に泊り込んだ。
喋ること、声を出すことが困難になったある日、一生懸命喋ろうとする親父の口元に耳をやると、聞き取りにくい、かすれた声で聞こえた言葉は確かに「ありがと」だったと思う。

意味が分からなかったことと、少し照れくさい思いもあって、「何が?」という間の抜けた返事をしてしまったが。
「あなたが俺や家族にしてくれた全ての行為にありがとう」
「あなたの俺や家族に対する全ての想いにありがとう」
という俺からの返事。
届いてるよな、親父。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

仕事だというのに

台風(6号)が接近中。
雨が時折強く振り、風もだんだん強くなっている。
明日は日曜日なのに仕事。
おまけに台風がついてくるなんて。
ご機嫌じゃねぇーか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

休みなのに

昨夜は飲み会だった。
約6時間飲みっぱなしで、帰宅が1:00、寝たのは1:30。
にもかかわらず、どうして7:00前に目が覚めてしまうんだぁ。
と文句を(誰に?)言っても眠れる訳もなく。
休みだというのに7:00には起きてしまった。(もったいない)

9:00から両親を針治療に連れて行って12:00帰宅。
午後(14:00)からは実家に送り届ける予定。

台風(6号)が近づいてきている様子。
明日は仕事だから、今日のうちに台風に備えての防災準備(庭の小物やゴミ箱を片付けたり、物干し竿や物干し台を移動したり)をしなければ。

休みなのに(休みだから?)忙しいこった。

庭の苗(ミニトマト・スイカ・ピーマン・ナス)たちよ、台風に負けるでないぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3日しかもたなかった

梅雨の中休みはやはり長続きしなかった。
洗車したての車も今日の雨で元の木阿弥。
2ヶ月ぶりにキレイになった車が3日しかもたないなんて。
ったくねぇ。
そういえばもうひとつあった、3日しかもたなかったこと。
妻の夕食後の散歩。
本人はあくまでも雨のせいにしたがっているが。
事実、雨で散歩できないんだけど。
ま、そういうことにしとこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

庭木の手入れ

やったのは義父。
妻がそのために買った刈り払い機をあてがわれて。
垣根の刈り込みなんてやったことなかったそうな。
高さがデコボコになってしまい揃えるのに苦労したとか。
慣れない電動器具を使って、半日がかりのお仕事だったそうな。
ご苦労サンでした。
感謝の意を込めてきれいになった垣根の画像をアップ。
垣根

ついでに収穫の始まったミニトマトも。
ミニトマト

| | Comments (2) | TrackBack (0)

勧め上手というよりも半ば強引

本題に入る前に。

ココログからのお知らせ。
6/13(日)23:30より、ココログをご利用のお客様におきまして、深夜時間帯にログインや記事の投稿ができない状態が発生しております。
現在、調査および対処を継続しております。復旧次第、別途、お知らせさせていただきます。
ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

このお知らせ今日(6/15)に掲示されてるよ。
もっと早くお知らせして欲しい!>Niftyさん。
昨夜はココログへのログインに40分、記事の投稿に1時間という時間を要してしまい、半分キレかかってパソコンをおとしたもんねぇ。
それに懲りて、今日は夕食前に記事の更新をすることにした。
はやく正常な状態に戻してよ!>Niftyさん。

閑話休題。
今回の針治療、義父も体験してみることになった。
一応義父が自分から肩こりの治療に受けてみたいと言い出したことではあるが、妻が乗り気で早速予約を入れ、今日が初日となった。
先ほど感想を聞くと。
「針治療は初めてで体に力が入った。」
「少し痛かった。」
「けど肩のコリは楽になった。」
「土曜日も予約が取れたのでもう一回やってみることにした。」

妻の「してやったり」の顔が目に浮かぶ。
妻は気功(?)を取り入れたこの針治療がえらくお気に入りの様子で、特別悪い箇所が無くても「ストレス発散のための針治療」ということで、人に勧めている。
これまでに(それぞれ肩こりや腰痛等、具体的治療箇所があったとはいえ)母、友人、義妹、俺を毒牙にかけ、今回父親、次には俺の母や我が子にまで食指を動かしている。
俺の母は若い時から頑固な肩こりに悩んでいるので(針治療を受けるのは)時間の問題だが、我が子はさすがに難しかろう。
いずれ始まるであろう妻と我が子の攻防戦を楽しみにしている(他人事の)夫であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅味噌

義母から「梅味噌」を勧められて妻が初挑戦。
梅と砂糖と味噌を1:1:1で1ヶ月漬け込むだけ。
我が家の場合、梅2キロに対して味噌を2キロと砂糖は少なめに1.5キロ。
1ヵ月後には「梅味噌」なるものが完成するそうな。

ネットで検索すると、作り方から食べ方まできちんと紹介されている。
こちらでは3ヶ月ねかせるとあるが、義母は1ヶ月で食べられるという。
量の違いもあるんだろう。
1ヵ月後が楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅雨の中休み

初夏を思わせる天気だった。
予報では梅雨の中休みが一週間ほど続きそう。
ということで、2ヶ月ぶりに洗車。
セルフのガソリンスタンドで自動洗車と車内清掃。
久しぶりに車がきれいになったぞ。

昨日の夜遅く(23:30)妻の両親が我が家へ。
今回も約一週間の滞在予定。
義父が散歩するためのシューズが欲しいというので、シューズを買いに行き、チョット早いが父の日のプレゼントに。
16:00頃から早速そのシューズを履いて散歩に出かけていった。

俺も夕食後に散歩に出かけていった。
今日は人だらけ。
どこの行楽地かと見まごうばかり。(はチョットオーバー)
近くの(ナイター設備のある)テニスコートも8面全て使用中。
野球場もナイターで試合か練習中。

梅雨の中休み。
いろいろと活気を感じた一日だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どうして地元紙に出ないの

宮崎県知事、念書で処遇約束 「破られた」と支援者告発
宮崎県知事念書問題 念書の筆跡「99%本人」と専門家

今日の朝日新聞はこの問題を取り上げてた。
我が家は地元新聞を購読してるんだけど、一行も出てないんだよなぁ。
どうして?
明日の朝刊には出るんだろうけど。
情報収集力の差?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

義父の酒難

昨日に引き続き今週のお題「結婚式のエピソード」へトラックバック。
しかも、またしても義父をネタにしようとしている親不孝者であった。

宮崎では酒といえば「焼酎」。
日本酒を飲みたければ「日本酒」と注文しなければならない。
普通に「酒」と注文すると「焼酎」が出てくる。
当然、結婚式の酒も「焼酎」。
徳利にお湯で割った焼酎が出てくるので、その徳利を手に手にお祝いや挨拶に席を回る。
受ける方はお猪口やコップで受ける。

義父は下戸である。
日本酒や焼酎はもとより、ビールすら飲めない。
結婚式でそのことを知らない俺の親族や職場の上司たちがお祝いや挨拶に義父の元へ。
お酌を受けないのは失礼だろうと考えお猪口で受ける。
次の人がお酌をしようとするので、やむを得ず飲めない焼酎をほんの少し飲んでまた受ける。
それの繰り返し。

「飲めない」って言えばよかったのにねぇ。
お猪口の焼酎をそっと捨てればよかったのにねぇ。

無口で朴訥な義父はほんの少しずつではあるが、無理して飲めない焼酎を飲んだらしい。
花束贈呈や謝辞の時には義父の体は前後左右に揺れまくり無重力状態であった。
本人曰く「あと一口飲まされてたら死んでたかもしれん。」
生涯一度の酒難だったそうな。

笑っちゃいかんけど。
笑えるいい思い出だ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

嵐の結婚式

トラックバック野郎の今週のお題「結婚式のエピソード」にトラックバック。

今は昔、もう17年前になるけれど。
結婚式当日に台風が上陸。
妻の実家から結婚式場までの道路が土砂崩れで通行止めに。
妻は道なき山道を車に揺られて式場へ。
おかげで到着したとたん車酔いで吐き戻したらしい。
妻の親族は1時間半で来れる距離を、迂回道路を使って3時間以上かけて式場へ。

俺の実家は離島なのだが台風で定期航路の船が欠航。
別船の手配やら、バスの連絡場所の変更やら。
これも大変な思いをしたもんだ。

その他の招待客も土砂降りのしかも横殴りの雨の中、式場へ来て頂いた。
とても印象に残る結婚式だったと皆に言われるが。
それが台風のおかげであることは論を待たない。

いや~。
今考えても良く無事に終わったもんだと思うよ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

散歩&おしゃべり

新しいシューズは散歩好きのようで、毎日俺を散歩に連れ出してくれる。(といってもまだ4日目だけど)
今日も夕食後に散歩に行こうとすると、珍しく妻も一緒に行くという。
ということで、今日は2人で食後の散歩。
15分歩いて近くの総合運動公園へ。
さて、グラウンドを5~6周しようとした時に妻が(既に散歩を終えて帰ろうとする)友人とばったり。
(妻を待つべきか否か)一瞬考えたが、俺は先に周回コースへ。
正解だった。
俺が3週する間(約15分間)、妻は友人とおしゃべり。
ったく。目的は散歩なのかおしゃべりなのか。
妻曰く「いいの!どっちも気分転換だから。」
ハイ、ハイ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

夏の準備

県内海水浴場(15箇所)の水質検査があったそうな。
結果は14箇所がAA(大変良好)、残り1箇所もA(良好)。
宮崎のきれいな海を裏付ける結果だそうな。
小中学校ではプール開きもあった。
夏の準備万端?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

差別だぁ

<労災障害等級>人さし指の特別扱い70年ぶり見直し

今回の見直しで、人さし指を切断した場合を10級から中・薬指と同じ11級に引き下げた。親指は9級のまま。小指は他の指に比べ重要度は低いものの再評価され、13級から12級に引き上げられた。

人差し指を降格させるんじゃなくて中・薬指を昇格させればいいのに。
小指だけ差別しなくてもいいのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入品 その3

夕食後の散歩に使っているシューズがヘタってしまった。
妻も気づいたらしく、「スタンプがたまって1,000円割引してもらえるからシューズ買ったら?」というありがたいご提案。
お言葉に甘えて買うことにしたんだが。
割引スタンプ無くても購入決定だよね?>妻よ。

日中は雨が降ったりやんだり。
食後に空を見上げると雲の合間に星がちらほら。
よし。買ったばかりのシューズの試運転だ。
ってんで、散歩に行った。
初めてだったね。
人っ子一人いないグラウンド。
見事に一人もいなかった。
おかげで新品のシューズは誰にも自慢できなかった。
(誰か居ても見えねぇって!)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

購入品 その2

新聞折込を見ていた妻。
「あっ。これ安い。買おう。」
今度は何を見つけたんだと思いつつ。
「なに?なに?」
電動「刈り払い機」2,977円。

自慢じゃないが、俺は庭いじりはカラッキシダメ。
というより、芝生は俺が管理、その他(猫の額の家庭菜園や植木、垣根)は妻の管理と、役割分担ができている。
で、妻はもっぱら家庭菜園。植木と垣根の手入れは今までは業者に頼んでいたのだ。
ここ近年の景気低迷、経費増加にとても追いつかない収入、これらを勘案し妻は植木や垣根の手入れまで自分で始めた。(エライ!)
って、完全に他人事の夫であった。
で、今までは剪定バサミを使っていたのだが、やっぱ電動が楽だよな。
ということで、購入決定。

来週から再度我が家にやってくる義父に植木と庭木の剪定をやらせようとしている妻の思惑を知っているのは俺だけだ。(うぅ~。お義父さん、かわいそ~)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入品 その1

新聞折込を見ていた妻。
「これ安いよ。買っとこうよ。」
ったく。
「安いから買うんじゃなく、必要なものを買え」といつも言ってるだろが。
思いつつ「何?何?」
見ると自転車だった。
27インチ。シチーシティーサイクル。定価13,000円が8,477円なり。(何故端数が477円なんだろ?)
子供が帰ってきた時くらいしか使わないものを必需品と言うや否やの議論を3分ほどしたが、妻の「いいの!」の一言で購入決定。
「今日は手持ちがないからカードね」って。
支払いは俺かよ。オイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

孔雀のいる風景

三年以上もの間、ほとんど毎日のように見かけているので違和感が無くなったのだが。
初めて見る人はやはり驚かれるようだ。
考えてみればそうかも。
孔雀が家の周りの道路を歩き回ってるなんて。
孔雀
近くにあった(廃園になってしまった)自然動物園から逃げ出して来たという説が有力なんだが、真偽のほどは分からない。
とにかく我が家の周辺に棲み付いてしまった。
我が家を含む、ご近所(4~5軒)の屋根(太陽熱温水器)がねぐらなのだが、夜うるさい(くちばしで太陽熱温水器をノックする)のと糞害がひどかったので俺が夜中に2回ほど屋根に上って説得、我が家の屋根からはお引取り願った。
エサは近所のおばさん方が適当にやってるらしい。
朝はハヨ(5:00頃)から美声(?)で起こしてくれるし。(特に休みの日が多いような気がする)
人にも車にも慣れていて、時々車を3台くらい従えて道路の真ん中を散歩したりする。

孔雀の寿命ってどれくらいなんだろ?
あとどれくらい生きるんだろ?
いや、決して望んでるわけじゃないんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子供とのコミュニケーション

佐世保で起った痛ましい事件について、加害者側の家族・家庭の環境や様子がとても気になる。
「子供(未成年)のやったことは全て親の責任。」
そういう覚悟を持って子供を育ててるつもりなので。

この事件について我が子とどんな話をしようか、どんなメッセージを伝えようかと考えていたところだった。

こちらの記事は「働くお母さん・頑張るお母さん」への応援メッセージだと思うけど、「親子」や「家族」の関係についても共感できる。

でも、結構いいですよ、『ステキ!』『すごい!』『ありがとう』『感謝してる』『スキだよ』『愛してる』・・・等など
家族に言われてイヤな気はしないですもんね。『幸せのエッセンス』(キザ?)

以下、俺の個人的な思いを。
少しくらいキザでもクサクても、家族の中で「感謝し合う」「褒め合う=認め合う」ということは大事なことだと思うし、子供が家族以外(社会)との付き合いをしていく上での大切な土壌になると俺は信じてる。
親は子供に対して無関心、放任で良い筈はないし、だからといって厳しい躾や溺愛だけで育てられるものでもない。
「家族、家庭という場所で、いろいろな機会を利用して、本当の社会でしっかり自立できるための手伝いとアドバイスを子供にする。」それが子育てだし、同時に(親としての)自分を成長させることだと思う。
そういう子育てをしたいと努力しているつもり。
頑張ろう。
楽しもう。
子供とのコミュニケーション。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

庭仕事

やったのは妻。
今日は午前中仕事で午後からはフリーだったそうな。
13:00まで仕事してそれから誰かとランチして。(誰だ?誰だ?)
その後、庭仕事をしたらしい。
花を植えて。
野菜(ピーマン、ナス、ゴウヤ、スイカ)の苗を植えて。
久しぶりに庭らしくなったぞ。

日日草・マリーゴールド

| | Comments (0) | TrackBack (0)

外食続き

昨夜は会議(仕事)の後の懇親会(飲み会)があり、平日だというのに(翌日の仕事を考えずに)飲み過ぎてしまった。
おかげで今日一日が長いこと、長いこと。
決して暇だったわけではないのだが。
仕事もそれなりにこなしたんだけど。
きつかったぁ。
やっぱ飲み会は週末(金曜日)にセッティングすべきだ。

家に帰ると妻も帰宅していたがお疲れの様子。
夕食の支度もまだだったので、外食することにした。
近くの中華料理店へ。
さすがにアルコールは飲む気になれなかったので純粋に食事だけ。
外食はどうしても食べ過ぎてしまう。
しかも、食事を終えてそのまま帰ればいいものを。
デザートまで要求され(誰にかは言うまでもない)クジラようかんを買ってしまった。

日曜日の夜が我が子を送っていった帰りに外食。
昨夜が飲み会。
今日も・・・。
胃も少々お疲れ気味。
粗食をもって美食とすべき。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

もう6月

早いもんだねぇ。
もう6月だってよ。

6月の行事
5日:芒種(稲を植える時分)こちらは既にほとんど完了。
10日:入梅(現在は、各地の地方気象台が、観測に基づいて梅雨入りを発表しており、「入梅」は実際の梅雨とは関係のない暦日となっているらしい)こちらも5月29日に既に梅雨入り宣言。
20日:父の日(う~ん。わが子は覚えてるかな?)
21日:夏至(一年中で一番昼が長い日)いっぱい仕事ができる日?

仕事の行事は山ほどあるから考えたくない。
プライベートの行事は仕事に押しやられて入り込めない。
いかん。
何か気晴らしが必要だぞ。
俺「何かなぁーい?」
妻「お金がなぁーい!」
俺「・・・」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »