« 嵐の結婚式 | Main | どうして地元紙に出ないの »

義父の酒難

昨日に引き続き今週のお題「結婚式のエピソード」へトラックバック。
しかも、またしても義父をネタにしようとしている親不孝者であった。

宮崎では酒といえば「焼酎」。
日本酒を飲みたければ「日本酒」と注文しなければならない。
普通に「酒」と注文すると「焼酎」が出てくる。
当然、結婚式の酒も「焼酎」。
徳利にお湯で割った焼酎が出てくるので、その徳利を手に手にお祝いや挨拶に席を回る。
受ける方はお猪口やコップで受ける。

義父は下戸である。
日本酒や焼酎はもとより、ビールすら飲めない。
結婚式でそのことを知らない俺の親族や職場の上司たちがお祝いや挨拶に義父の元へ。
お酌を受けないのは失礼だろうと考えお猪口で受ける。
次の人がお酌をしようとするので、やむを得ず飲めない焼酎をほんの少し飲んでまた受ける。
それの繰り返し。

「飲めない」って言えばよかったのにねぇ。
お猪口の焼酎をそっと捨てればよかったのにねぇ。

無口で朴訥な義父はほんの少しずつではあるが、無理して飲めない焼酎を飲んだらしい。
花束贈呈や謝辞の時には義父の体は前後左右に揺れまくり無重力状態であった。
本人曰く「あと一口飲まされてたら死んでたかもしれん。」
生涯一度の酒難だったそうな。

笑っちゃいかんけど。
笑えるいい思い出だ。

|

« 嵐の結婚式 | Main | どうして地元紙に出ないの »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
いいお話ですねぇ。
思わずまたコメントしたくなりました(^^
娘さんの結婚式ですからお義父様も感慨深い思いがあられたでしょうし、断りきれずに飲めないお酒を飲まれて・・・・
>無口で朴訥な義父
どういう方か想像ができますよね。

ところで
>宮崎って酒と言えば焼酎
なのですね。
ここ長崎県でも焼酎は多いですが、さすがにお酒と言えば日本酒が出てきます。
そう言えば宮崎に学生時代の友人がいるのですが、焼酎派でしたね。
焼酎をビールで割る飲み方を教えてくれましたけど、私の口には合いませんでした(汗)
でもその友人と良く飲みに行ってたせいか、今でも焼酎好きです、私(^^

Posted by: ryou | 2004.06.12 at 00:21

こんばんは。
そうですか。
ryouさん焼酎お好きですか。
ビール割りは私も飲んだことありませんが、いろいろなもので割る飲み方があります。
緑茶、ウーロン茶、カルピス、フルーツサワー、etc。
私、もっぱら冬はお湯割り、夏はロックです。
う~ん。飲みたくなってきたぞ。(^^♪

Posted by: ハルク | 2004.06.12 at 21:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/752363

Listed below are links to weblogs that reference 義父の酒難:

« 嵐の結婚式 | Main | どうして地元紙に出ないの »