« 仕事だというのに | Main | 知らぬ間に »

父の日に寄せて

「ありがと。BLOG」へトラックバック。

親父のいない父の日は今年でもう2回目になる。

魚のさばき方が上手で、書道が得意で、焼酎が好きで、にぎやかなこと、人を集めることを好み、孫たちを可愛がり、母を愛し、頼りにし、そして自分がいなくなったあとの母を気遣っていた父。
決して放任主義ではなかったが激しく叱られた記憶は無い。
父の日や誕生日にプレゼントをすると喜んではくれるのだが、多分照れくさかったのだろう、ありがとうの言葉を聞いたことは無かった。
さすがに孫たちには手放しで喜びとか感謝をぶつけていたが。
頑固な考え方、性格に反発したこともあったがその反発をも吸収してくれていたように思う。「いつも気にかけ、見守ってくれている」そんな親父だったような気がする。
そしてそれは俺が我が子に対するスタンスにもなっているかな?

1986年2月にガンの摘出手術をしたものの10年後に再発。
1996年8月、医師から「骨に転移しています。年越しは難しいでしょう。」と聞かされ、俺の口から親父に伝えた。
がっかりはしたけれど諦めはしなかった父。
抗がん剤と放射線治療でかなり体を痛めつけられながら黙々と治療を続けそして克服した。
1997年3月には治療を終え、再再発する2002年までの約5年間は、孫たちと旅行をしたり、好きな書道や魚料理を堪能し、区長の責務を積極的にこなす等々、退職後のある意味一番充実した時期であったかもしれないと思う。
再再発の時、本人が出した結論は「今回は抗がん剤も放射線治療もやらない」ということであり、母を含む家族もそれを了解した。
半年間は定期的な通院だけで、今まで通りの日常生活を頑張ったが、2002年7月ついに入院を余儀なくされた。

入院後の病状は坂道を転がり落ちるという形容が当てはまるものであり、入院してから2ヶ月後には逝ってしまった。
その2ヶ月間、母はほとんど病院に詰めっきりで、俺たち夫婦と妹夫婦は母のサポートに交代で病院に泊り込んだ。
喋ること、声を出すことが困難になったある日、一生懸命喋ろうとする親父の口元に耳をやると、聞き取りにくい、かすれた声で聞こえた言葉は確かに「ありがと」だったと思う。

意味が分からなかったことと、少し照れくさい思いもあって、「何が?」という間の抜けた返事をしてしまったが。
「あなたが俺や家族にしてくれた全ての行為にありがとう」
「あなたの俺や家族に対する全ての想いにありがとう」
という俺からの返事。
届いてるよな、親父。

|

« 仕事だというのに | Main | 知らぬ間に »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。
感動して今ちょっと涙目です、私。
いいお話を聞かせていただいて、ありがとうございます。
とてもあたたかくて素敵なお父さまですね、そしてハルクさんも。

Posted by: ryou | 2004.06.20 at 08:36

こんにちは、ryouさん。
過分なお言葉、ありがとうございます。

「いなくなって知る親のありがたみ」
「親孝行、したい時には親はなし」
昔の人はいい言葉を残してますよね。
しっかり我が子に伝えとこ。うん。^^;

Posted by: ハルク | 2004.06.20 at 17:12

はじめまして。funaと申します。
最後に「ありがと」を残していかれた家族思いのお父様の話に感動しました。
>「いつも気にかけ、見守ってくれている」
というお父様の姿は、今でもハルクさんの中で生きていらっしゃるんですね。
いいお話を読ませていただいて、心が洗われたようです。ありがとうございました。

Posted by: funa | 2004.06.20 at 23:58

こんばんは、funaさん。
お越し頂きありがとうございます。
お褒めや感謝の言葉まで頂き恐縮です。
実は私、Funaさんのサイト(funa-ya)には定期巡回させて頂いておりまして、お子さんとの絡み等、楽しく拝見しております。
エフ(エス)カップ事件は最高傑作ですよね。^^;
>まるで映画の1シーンを思い出すような、すてきなエピソード(「ありがと。BLOG」より)
も読ませて頂きました。

今後ともよろしくお願いします。(^^♪

Posted by: ハルク | 2004.06.21 at 21:41

こんばんは。
闘病する親の姿って目に焼きついて離れないものですよね...。
私もちょいと父を思い出して目頭が熱くなっちまいました。てへ。
ハルクさんやお母様とお父様はしっかり心が繋がっていらしたんだなぁ、と読んでいて思いました。素敵。
うぅ...ぐすん。

Posted by: くわとろ | 2004.06.21 at 22:43

くわとろさん、こんばんは。
>闘病する親の姿って目に焼きついて離れないものですよね...。
そうですよね。
そして、「もっとしてあげられることがあったのでは?」と思ってしまいます。
母はいまでも2ヶ月間の闘病生活を振り返って(反省して)います。
そんな時の私の(母や自分自身に対する)応えは最終的にいつも一緒。
「みんながそれぞれに最善を尽くしたと思うよ」

>うぅ...ぐすん。
あまり泣いてるとおなかのちびチャン、泣き虫になっちゃいますよ。(^^♪

Posted by: ハルク | 2004.06.21 at 23:30

私も今読ませていただいて、じ~んときてしまいました。
義父ですが、やはり6年前に癌で逝ったものですから、
その時にことを思い出してしまいました。
義父も私が病院に泊まりこんだ時に「ありがとう。血がつながっていないのに、縁でこうしてしてもらって申し訳ないね。」
って、最期の最期まで嫁に優しい義父でした。
亡くなっても、いまだに義父が見守っていてくれている
気がしています。

Posted by: ぶんぶん | 2004.06.22 at 16:57

こんばんは、ぶんぶんさん。
>最期の最期まで嫁に優しい義父でした。
きっと義父様もぶんぶんさんの優しさに感謝しておられたのですね。
>亡くなっても、いまだに義父が見守っていてくれている気がしています。
素晴らしいじゃないですか。
血はつながってなくても心は繋がりますもんね。

妻も宝くじ買った時は父の写真のところに持っていって「1等じゃなくても良いから当ててね」ってお願いしてます。(違)(^^♪

Posted by: ハルク | 2004.06.22 at 23:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/800949

Listed below are links to weblogs that reference 父の日に寄せて:

« 仕事だというのに | Main | 知らぬ間に »