« 子供とのコミュニケーション | Main | 購入品 その1 »

孔雀のいる風景

三年以上もの間、ほとんど毎日のように見かけているので違和感が無くなったのだが。
初めて見る人はやはり驚かれるようだ。
考えてみればそうかも。
孔雀が家の周りの道路を歩き回ってるなんて。
孔雀
近くにあった(廃園になってしまった)自然動物園から逃げ出して来たという説が有力なんだが、真偽のほどは分からない。
とにかく我が家の周辺に棲み付いてしまった。
我が家を含む、ご近所(4~5軒)の屋根(太陽熱温水器)がねぐらなのだが、夜うるさい(くちばしで太陽熱温水器をノックする)のと糞害がひどかったので俺が夜中に2回ほど屋根に上って説得、我が家の屋根からはお引取り願った。
エサは近所のおばさん方が適当にやってるらしい。
朝はハヨ(5:00頃)から美声(?)で起こしてくれるし。(特に休みの日が多いような気がする)
人にも車にも慣れていて、時々車を3台くらい従えて道路の真ん中を散歩したりする。

孔雀の寿命ってどれくらいなんだろ?
あとどれくらい生きるんだろ?
いや、決して望んでるわけじゃないんだけど。

|

« 子供とのコミュニケーション | Main | 購入品 その1 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/717949

Listed below are links to weblogs that reference 孔雀のいる風景:

« 子供とのコミュニケーション | Main | 購入品 その1 »