« ドラえもん短歌 | Main | みかん »

身について美しい

広辞苑の定義では「躾とは、親から子に伝えられ、受け継がれていく礼儀作法や合理的な生活手法、道徳などの総称。」ということになっている。
「身について美しい」と書く字が「躾」という漢字だそうな。

義母が今月の針治療を終えて、(実家へ)帰宅。
ということで、久しぶりに妻と二人の食事。
外食続きではあったのだが、久しぶりの二人っきりということで、今日の夕食も外食となった。
特に何が食べたいわけでもなかったのだが、何でも好きなものが(好きなだけ?)食べられるからということで、食べ放題のお店へ。
食事中に気になったこと。

家族連れが結構たくさん来ていた。
小さな子供がデザートを食べながら店内を歩いている。
口をモグモグさせながらお替りを取りにいく子供。
食事が終わったのか店内を走り回っている子供。
故障中だったとはいえソフトクリーム製造機(?)のソフトクリームが出てくるところに指を突っ込む子供を「優しくしか」たしなめない親。
一度自分の皿にとったデザート(ショートケーキ)を「こちらの方が甘くなさそう」などど言いながら戻すオバチャン。

こういうことが当たり前の世の中になっていくんだろうか。
日本の将来はほんとに大丈夫なのか。

「身につけて美しくありたい」と痛感した今日の夕食であった。

|

« ドラえもん短歌 | Main | みかん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

自分の息子を省みて、さすがにここに書かれているようなことはしないですけど、
けっして「美しい立ち居振舞い」だとか、「正しい作法」とはいえないので、
反省しています。
親がくどいぐらいしつこく言い、見本になり続けないといけないんですよね。
はぁ~、ほんと、親業は至難の道だワ。。。
子供は親を映し出す鏡だと思うのですが、鏡から眼をそむけたくなる私でした。(笑)

Posted by: 黒陣馬 | 2004.09.13 at 13:04

黒陣馬さん、こんばんは。
>親がくどいぐらいしつこく言い、見本になり続けないといけないんですよね。
私もそう思います。(^^♪
私は、特に普段一緒にいないので、今回のような場面を見ると「基本的な躾ができていただろうか?」と心配になります。
自分を戒める良い機会でした。^^;
>子供は親を映し出す鏡だと思うのですが、鏡から眼をそむけたくなる私でした。(笑)
黒陣馬さんちは大丈夫ですよ。
「おかあさん」じゃなくて「そこのオバサン」でもない、「ママ」を見習って、野性味たっぷりの逞しい大人に成長しますって。(^^♪
こ、これって、褒め言葉になってますよね。^^;

Posted by: ハルク | 2004.09.13 at 20:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/1421179

Listed below are links to weblogs that reference 身について美しい:

« ドラえもん短歌 | Main | みかん »