« 電飾家 | Main | 忘年会シーズン »

憂える

「日本語力」低下 4年制私大、国立さえ… 「留学生以下」お寒い大学生

「憂える」=「喜ぶ」!?/短大生35%中学生レベル
 大学生の「日本語力」が低下し、中学生レベルの国語力しかない学生が国立大で6%、四年制私立大で20%、短大では35%にのぼることが独立行政法人「メディア教育開発センター」(千葉市)の小野博教授(コミュニケーション科学)らの調査で分かった。「憂える」の意味を「喜ぶ」と思いこんでいる学生が多いなど、外国人留学生より劣る実態で、授業に支障が出るケースもあるという。同教授は「入学後の日本語のリメディアル(やり直し)教育が必要」と指摘する。
憂えるとは、喜ぶことなんだって。
なにをかいわんや。
おーい。どこまで行くんだぁー日本語よ!
憂える気力もなくなる話題だ。

|

« 電飾家 | Main | 忘年会シーズン »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/2055192

Listed below are links to weblogs that reference 憂える:

« 電飾家 | Main | 忘年会シーズン »