« 38度線を | Main | 見れなかった »

看病に勝る恐怖

妻は(めったに熱を出すことは無いが)高熱に弱い。
高熱の辛さを知っているのか、俺を気遣い、あれこれと世話を焼いてくれ、看病してくれる。
ま、そのおかげで二日の闘病で済んだともいえるのだ。
ありがとう妻よ。

昨夜、否、もう深夜であった。
高熱にうなされていた俺はただならぬ気配に起こされた。
俺が熱を出して寝ているのだ、普段なら抜き足、差し足、忍足で気を使ってくれるはずの妻が廊下を慌ただしく歩いて、いや、走ってくる。
ドアを開け俺を起こす。
理由も言わずに台所に来いという。
異常を感じた俺は38.6度の熱も忘れて飛び起き台所に直行した。

そこで俺が目にしたものは。
台所の床を這い回っている一匹のムカデであった。
ムカデなんて久しぶりに見たね。
懐かしさに浸っている38.6度の熱のある俺に妻が早く何とかしろという。

まぁね。
苦手なものは仕方ないわな。
ハエ叩きで退治してやりましたよ。
そこまでは良しとしよう。
そっからがねぇ。

ゴミ箱にそのまま捨てようとしたら「ダメ!」と妻が叫んだ。
そっか、姿が見えてちゃいやなのか。
それじゃぁと、新聞紙に包もうとするとそれでもダメだという。
まさかと思いきや、外に捨てて来いとよ。
38.6度の熱のある夫をつかまえて。
そ、外にいけとな。

38.6度の熱を出してても夫は冷静であった。
ここで議論をしても時間の浪費だ。
一刻も早く布団に戻るためには外に出るしかない。
ということで、38.6度の熱のある夫は裏山にムカデを捨てに行ったとさ。
外気を吸ったおかげで熱も引いたような気が一瞬したぜ。
妻よ、君のおかげだ。
ありがとう。

|

« 38度線を | Main | 見れなかった »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ありゃまー、お風邪ですか。
お大事になさってくださいね。
とりあえず、帰ってきましたのでご挨拶に伺いました。
また立ち寄りまーす。
お大事に!

Posted by: 黒陣馬 | 2004.11.10 at 13:42

ハルクさん、
高熱を出されていたんですね。
今日は大丈夫ですか?

今は昔と違って高熱の時はなるべく涼しくした方がいいらしいので、もしかしたらそれも奥様の愛ある計算のうちだったかもしれないですよ。(たぶん、おそらく、きっと^^;)

どうぞ、お大事になさってください。

Posted by: ぶんぶん | 2004.11.10 at 14:01

こんばんわ、あいにくの雨ですね。
○○会のメール送信しましたので確認お願いします。
★確認後、このコメント削除お願いしますね★
★お手数かけますペコリ★

風邪、はやく治してくださいね。ごんた

Posted by: ごんた | 2004.11.10 at 18:58

黒陣馬さん、ぶんぶんさん、ごんたさん、こんばんは。
お気遣い、ありがとうございます。
熱は下がったのですが念のため外出を控えておりますので、お越し頂きうれしいです。^^;

>黒陣馬さん
お帰りなさい。そしてご苦労様でした。(^^♪
黒陣馬さんが新潟で頑張っている頃、熱で寝込んでいたヤワなハルクです。まったくねぇ。^^;

>ぶんぶんさん
はい、今日は仕事に行ってきました。体はだるかったけど、どうにか一日職場で過ごせました。
>奥様の愛ある計算
生命保険には、入ってないから回復させて働かせたほうがお徳だと思うんですけど。^^;

>ごんたさん
ご苦労様です。
すごい雨ですね。

メール、確認しました。
せっかくのコメント、消すなんてもったいない。^^;
このままでも構いませんよね。(^^♪

Posted by: ハルク | 2004.11.10 at 20:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/1916900

Listed below are links to weblogs that reference 看病に勝る恐怖:

« 38度線を | Main | 見れなかった »