« November 2004 | Main | January 2005 »

よいお年を

おそらく今日が今年最後のココログ更新です。
明日、実家へ帰ってそのまま年越しの予定。
実家はネット環境は皆無なんで、更新したくてもできない状況なんだが、そういえば昨年の年末から今年の正月にかけては、ココログを始めたばかりの新鮮さと面白さからケータイを使って記事を投稿してたっけ。
しかも家の中は圏外なので外に出て電波状態の良い場所を探しつつ。
あれからもう一年かぁ。
ホントに早いよなぁ一年の経過。

どっぷりココログに浸かった一年でした。
ということで(どういうことでかよく分からんが)、一日早いけれども2004年終了のご挨拶を申し上げます。

コメントをくださった方々を始め当ココログへお越し頂いた沢山(?)の皆様方へ。
一年間本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
全ての人々にとって来年がより良き年でありますように。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

日向夏

041227-01今日の頂き物。
我が家はそろって柑橘類大好き。
明日(12/28)からの(3日間の)出張の間に無くなってないことを祈りつつ。

宮崎特産の「日向夏」を紹介しよう。

1820年頃宮崎市赤江の真方安太郎さんの宅地内で偶発実生として発見され、1887年に「日向夏」と命名された。親は不明だが、独特の風味からユズの血を引いているものといわれている。
食べ方がまた一風変わっている。
「日向夏みかん」の特徴は厚くて柔らかいクッション状の白皮だ。
この白皮をむいて食べる方が多いですが、意外や意外、これが甘くて美味しい!
日向夏は この白皮と果肉を一緒に食べることで、他の柑橘にはない、独特の風味を味わうことができる。
ふっふっふ。
食べたくなったでしょ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

発進したばかりなのに

Thunderbird日本語版、不具合で公開を一時停止

 Mozilla Japanは12月27日、24日に公開したメールクライアントソフト「Thunderbird 1.0」日本語版に不具合が見つかったため、公開を一時停止した。修正バージョンを28日午後1時に公開する予定。
 HTMLメールの作成時、画像を挿入しようとするとエラーが表示されるという。テキストメールでは問題はないため、HTMLメールを作成しているユーザーはテキストメールに変更するか、画像は添付ファイルとして送信するよう呼び掛けている。
何の不具合かと思えばテキストメールでは問題ないらしい。
24日のリリースと同時にダウンロードしたメールクライアントソフト、先行して使っていたFirefoxと併せて結構気に入ってる。
がんばれゴジラ!じゃなかったMozilla!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早く来い来い

二日間かけた大掃除も一応終了。
今日の俺の仕事は窓洗い。
家中の窓をはずして水洗い。
以前は拭いていたのだが、ここ2~3年は暖かさも手伝って洗っている。
今日も窓洗いにはもってこいの天候と気温。
トレーナーの袖を捲り上げてても汗ばむほどのまさに小春日和。
思わず水遊びがしたくなったぞ。(嘘)
日焼けで顔がヒリヒリするぞ。(ホント)

さて、さて、これで年越し準備は一応完了。
早く来い来いお屠蘇。じゃなかった、お正月。
あ、その前にまだ仕事があったんだ>4日間も。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ようやく

重い腰を上げて大掃除に取り掛かった。
当然一日で終わるはずもなく、明日も引き続き楽しい大掃除だぁ。

ふと考えて昨年の大掃除の記事を見たらおんなじ書き出しでやんの。
進歩のない奴だ>自分。

大掃除は年末の恒例行事であるが、この大掃除の際に何かが壊れる(あるいは壊すともいう)のも毎年のことだ。
照明器具担当の俺は蛍光灯のカバーをはずして洗うんだが、毎年一個は割れてた(あるいは割ってたともいう)もんだ。
おかげで、家の中の3箇所は未だにむきだしの照明のままだ。(おぃ)

今年の被害品は、俺が拭き掃除をしていて落とした玄関の飾り物と妻がうっかり落として台所中にばら撒いた蛍光灯。(1本)
飾り物(魚の彫り物)はしっぽが欠けてしまったので瞬間接着剤で復旧。
蛍光灯は掃除機で片付けた後、新品購入。
被害金額から言えば妻のほうが被害大だな。
明日は何も壊れませんように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

我が家のクリスマス

“苦し”この夜…Xマスの祝い方巡り、米で議論過熱

 【ニューヨーク=勝田誠】クリスマスを堂々と祝うべきか、それとも、非キリスト教徒への配慮から、慎むべきか――。キリスト教徒が国民の8割強を占める米国で、「12月のジレンマ」と呼ばれる議論が、例年以上に過熱している。・・・中略・・・
 「政教分離」と「信教の自由」を憲法修正第1条で定める米国では、クリスマスの宗教色はかなり薄まっていた。政府庁舎など公共施設ではクリスマスの飾り付けが見られない。イリノイ州の小学校は昨年から、スクールバスの中でクリスマス曲を流すのを禁じた。
 クリスマスツリーについてさえ、「宗教的なシンボル」として、「私企業のオフィスなら良いが、公共の場では禁止」(フロリダ州パスコ郡)や「コミュニティーツリーと言い換えるべきだ」(カンザス州ウィチタ市)といった、日本人にはにわかに信じがたい条例もある。
こういう議論は日本では起こらないんだろうな。
だって大半の日本人はクリスマスを宗教行事とは捉えてないと思うから。

少なくとも我が家にとってクリスマスは、端午の節句や子供の日と同じレベルの子供に夢を与える行事に過ぎなかった。
だから子供のいない、あるいは子供がある程度成長した後の我が家のクリスマスは、「妻がケーキを食べる口実にする日」であり「俺がビールやワインを飲む口実にする日」なのである。(おぃ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだ切羽詰ってない

今日(俺が)やったこと。
古新聞の梱包。
洗濯。
洗濯物&布団干し。
散髪。(もちろん散髪店へ行っただけ)
年賀状作り。(中途)

今日(妻が)やったこと。
外出。
夕寝。
夕食の準備。
夕食の片付け。(中途)

結局、大掃除は毎年のことながら、最終の土曜・日曜でやることに。
よーし。頑張るぞー!
パソコン机の整理、整頓。(違)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早一年

2泊3日の出張終了。
今年の仕事はあと24日と27日から30日までの5日間。
そのうち28日から30日は出張、そしてそのまま仕事納め。
やっぱ慌ただしい。

この忙しい時に我が子は北海道へ。
といっても本人は冬休みに入りノンビリしたもんか。
毎年恒例のスキー合宿。
今年は県内のスキー場が台風の被害で閉鎖されてしまったので、まだ一度も雪の上で滑れないでいる。
気をつけて行っといで。

寮から直接出発だから我が子が家に帰ってくるのは28日。
その日から俺は2泊3日の出張。
見事なすれ違いだ。
父子が晴れて対面(?)できるのは30日ってことだ。
確か昨年も、一昨年も同じパターンだったような気がする。

今年も残すところ9日だ。
「ウェブログ始めました」って記事を投稿したのが去年の12月24日。
ついこの前って気がするが、ココログを始めて早一年。
時の流れはホント早いもんだ。

相変わらず年賀状と大掃除が俺を急き立てる。
待ってろ、今度の休みには取り掛かるから。
って明日じゃん。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

もう行くことはないけれど

キグレNewサーカス会場 巨大テントを設営

 来年一月二日から開かれる「キグレNewサーカス」(宮崎日日新聞社主催)のテント設営作業が十八日、宮崎市塩路のオアシス広場特設会場であった。
サーカス。
幼い記憶に1回。
それこそいくつの時かも覚えていないけれど、親父やお袋と一緒に行った記憶がある。
象やライオンのショー、かごの中のオートバイが強い印象として残っている。

最近の記憶にも1回。
つい2~3年前のような気もするが、我が子が小学生(しかも低学年)だったと思うので、早5~6年前のことか。
家族3人でキグレサーカスを見に行った。
この時は綱渡りやピエロのショーが印象深かった。

サーカス!
なんとなく幼い頃を思い出させる懐かしい言葉だ。
もう行く機会もないだろうけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

く、くるしぃ~

<税制改正大綱>目立つ増税、減税小粒

 与党が05年度からの所得税・個人住民税の定率減税の半減を決め、個人負担は増えることになった。05年度税制改正は、個人住民税の高齢者向け控除の段階的な廃止やフリーターへの課税強化など増税項目が目立ち、減税策は小粒なものが多い。
歳入を増やそうとするよりも歳出を減らせよ。
小手先ばっかりで財政改革の本気が見えないぞ。

我が家も本気で出費を減らす家計改革に取り組まねば。
夫「家計の無駄を探そう」
妻「私、無駄使いはしてないわよ。それよりインターネットに月々いくら使ってるの?」
夫「え?い、いや、そんな、たいした額じゃないよ。」
妻「付き合いだ、忘年会だと飲み代にいくらかかってるの?」
夫「ちょ、ちょっと待て。それは仕事上の必要経費だ。」
妻「私の使ってるお金も全て家のため。無駄はないわよ。」
夫「そ、そうだな。」

ということで、我が家は収入財源を探すことになった。
やっぱ、宝くじだぁ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

郡から市へ

住所が変わる。
宮崎市と佐土原町 県内初、合併協定に調印

 宮崎市と佐土原町は十三日、合併協定調印式を同市の宮崎観光ホテルで開き、津村重光市長と戸敷正町長が合併協定書に署名した。
現在=宮崎郡佐土原町。
2006年1月からは宮崎市佐土原町。
なぁんだ。
一文字しか違わないんだ。

行政その他各種サービスはそれなりに充実して欲しいけど。
環境はあまり変わって欲しくないなぁ。
住居環境は気に入ってるんだ結構。
閑静な住宅街といえば聞こえはいいが要するに田舎。
今のままの田舎であって欲しい。

現にいくつかの町・村は合併を拒否して自立の道を選んでいる。
難しい選択だけどひとつの選択肢ではある。
さて、「平成の大合併」、どこまで進むものやら。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

眺めよう

12月13日には、ふたご座流星群を眺めようってことで眺めてみた。

妻と二人で庭に出てみる。
今日に限って寒い。
明るさに慣れた目では星が見えない。
街灯が邪魔だ。
ご近所のイルミネーションも今夜は邪魔もの。

しばらく空を見上げていたら目が慣れてきたのか星が見え始めた。
東の空を眺めていたら、見えた!
流れ星!
立て続けに2個、3個。
その後しばらくしてはっきり、くっきり、大きな流星がひとつ。
その間約10分。

光害のない夜空で晴天に恵まれれば1時間に50個を越える流星が眺められるそうだから、10分間に4個はチト少ないかも。流星群ってくらいだからもっと沢山見たい!
それにしても日中は暑いけど夜はさすがに寒いねぇ。
特に今夜は。

あとで(23時頃に)もう一度見上げてみよう夜空の星を。
焼酎のお湯割り持って出れば30分くらいは平気かも。(おぃ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カラスか孔雀か

どっちだぁ。
我が家の干し柿をつついた上にテラスにフンまで撒き散らしてくれたのは。
フンは黒っぽい色だったのでカラスかな?
孔雀のフンて白かったような気が。

でも、カラスってかしこい(?)鳥で渋柿なんかには手を出さないって話を聞いたような気がするのだが。
それに、人に慣れていないカラスがテラスにまで来るとも思えないし。
慣れてるといえば近所に住みついた孔雀のほうだ。
相変わらず花をつついたり美声で悩ませてくれてはいるが食べ物を狙われたことはなかったのに。

どちら(カラスor孔雀)にしても去年まではスルーしてくれていた我が家の干し柿をなんで今年は狙うんだ。
餌が少なくなってるのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書くものから作るものへ

昔話をするのは歳を取った証拠だというが。
昔は年賀状は書くものだったと思う。
宛名はもちろん、裏面も一枚一枚手書きであった。
怠け者の俺は、「新年早々こんな汚いヘタクソな字を見せるに忍びない」ともっともな理由をつけて、年賀状は必要最低限に抑えていたものだ。

裏面がプリントゴッコでできるようになって、自然、出す枚数が増えた。
もちろん、社会的に付き合いも広がってきたということもあるのだが。
それでも年賀状はまだ書くものだったと思う。

今は両面ともパソコンのお世話になっている。
宛名住所さえ整備しておけばパソコンが宛名書きをしてくれるし、デジカメやイラストを使えばそれなりの年賀状を作ることはそう難しいことではなくなった。
味気ない、素っ気無い、心がこもらない。
いろいろな見方はあるが年賀状は書くものから作るものになってしまったような気がする。

もっとも俺にとって年賀状はめったに会えない相手への年に一度の生存証明みたいなもんなんだが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

小春日和の師走

師走は師走なんだ。
気ぜわしいし。
慌ただしいし。
忙しい。
忘年会も沢山やってるし。

それにしても。
この気温は何なんだ。
各地で20度超える

 宮崎地方気象台によると、各地の最高気温は都城市二〇・九度(平年一四・七度)、延岡市二〇・四度(同一五・二度)、日南市二〇・二度(同一五・九度)など。同気象台の一カ月予報によると、今年いっぱいは、平年を上回る暖かい日が続く見込み。
寒さに震えながら窓拭きするのが年末大掃除だ。
冷たい風が吹くからこそ鍋料理が美味いのに。
半袖の服着て年賀状なんて書く気にならないし。

今年いっぱいは暖かいらしい。
やっぱり冬は寒くなくちゃ。
寒くなったらなったで文句を言いたくなるけれど。(おぃ)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

存在証明

宮崎空港8:55に宮崎空港ビル到着。
毎定時に動き出すからくり時計は高千穂の夜神楽。

9:45発東京行きへ。

羽田空港11:10羽田空港着。
うわさ(?)の羽田空港第2ターミナルを30分ほど見学。
展望デッキからの眺めはなかなか。
全体的な感想は、人が多すぎる。(おぃ)

有楽町会議終了後、羽田へ行く途中寄り道。
年末ジャンボ宝くじを買いに有楽町へ。
これだけ努力(?)してんだから、期待してるよ。>一等。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

獲らぬ狸の皮算用

ロボコン1中学生大会があるなんて知らなかったぞロボコン!
九州地区大会が宮崎開催なんてことも知らなかったぞロボコン。
九州地区大会で準優勝以上だと全国大会に行けるなんて知らなかったぞロボコン。
こんなに参加チームが多いなんて知らなかったぞロボコン。

ロボコン2校内選抜を勝ち抜いて。
宮崎県内大会を優勝で飾り。
全国大会出場をかけて九州地区大会に挑む我が子の学校。
子供以上に張り切り早朝(7:30)から応援に駆けつける親たち(我が家だけ?)

ロボコン3初戦を突破したところで早くも心は全国大会。
全国大会だからきっと会場は東京だ。
東京まで応援に行くだの、仕事が休めないだの休めるだの、東京案内は任せろだの任せるだの。
まさしく「取らぬ狸の皮算用」。

残念ながら全国大会出場はならなかったけど。
初出場で45チーム中3位はお見事だ。
良く頑張った!>子供たち。
中学生とは思えないハイレベルの見ごたえのあるロボコンだった。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

昔取った杵柄

昔取った杵柄とは。

過去に鍛えた腕前。昔、修練して腕に覚えのある技量。
嘗(かつ)ては巧くこなすことが出来たこと。

そんなにたいそうなもんじゃないんだが。
久しぶりにやってそれなりの成果が出たからそんな言葉しか思いつかない。

最初のブームは確か中学生の頃だったと思う。(大昔だ)
その次に凝ったのは就職してすぐ。(かなり昔だ)
一日に10ゲームはしてたもんなぁ。
ボーリング。
マイボールにマイシューズまで揃えて。

30代になってからは年1回のレクリェーションになり、40代では2年に一度くらいのペースでしかやらなくなった。
今回も3年ぶりのボーリングだったにもかかわらず優勝してしまったぞ。
ボーリング。

ハルクさん勝因は?
「そりゃなんといっても昔取った杵柄、実力ですよ。」
ボールのおかげだという説もありますが?
「あぁ、久しぶりのボーリングだから少し軽めをつかったけどね。あれが良かったね。」
あのボール、シニアボールって言うそうですね?
「し、シニアボール?」

そっかぁ。
シニアボールって言うのかぁ。
昔は11ポンド以下のボールは子供用しかなかったのに。
シニアってお年寄り用ってこと?
そういえば、ボールの色が渋かったなぁ。
いやいや。上級者用ってことにしとこ。
ま、スコアが良かったからどっちでもいいんだけど。

それにしてもハマりそうシニアボール。
じゃなくてボーリング!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »