« 小春日和の師走 | Main | カラスか孔雀か »

書くものから作るものへ

昔話をするのは歳を取った証拠だというが。
昔は年賀状は書くものだったと思う。
宛名はもちろん、裏面も一枚一枚手書きであった。
怠け者の俺は、「新年早々こんな汚いヘタクソな字を見せるに忍びない」ともっともな理由をつけて、年賀状は必要最低限に抑えていたものだ。

裏面がプリントゴッコでできるようになって、自然、出す枚数が増えた。
もちろん、社会的に付き合いも広がってきたということもあるのだが。
それでも年賀状はまだ書くものだったと思う。

今は両面ともパソコンのお世話になっている。
宛名住所さえ整備しておけばパソコンが宛名書きをしてくれるし、デジカメやイラストを使えばそれなりの年賀状を作ることはそう難しいことではなくなった。
味気ない、素っ気無い、心がこもらない。
いろいろな見方はあるが年賀状は書くものから作るものになってしまったような気がする。

もっとも俺にとって年賀状はめったに会えない相手への年に一度の生存証明みたいなもんなんだが。

|

« 小春日和の師走 | Main | カラスか孔雀か »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

うまいこといいますねえ。<作るもの

そうですよね、ほんとに作るもの、刷るもの、になっちゃいましたよねぇ。
時代の流れが速いですなぁ。。。

Posted by: 黒陣馬 | 2004.12.13 at 20:57

こんばんは、黒陣馬さん。
肝心の「作る作業」はしないで、しょうもない事ばかり考えております。^^;
>時代の流れが速いですなぁ。。。
同感!(^^♪
さらにこの先の流れが気になるのは自分が歳をとってきたせいだろうかと少し(?)気にしているハルクです。^^;

Posted by: ハルク | 2004.12.13 at 23:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/2247299

Listed below are links to weblogs that reference 書くものから作るものへ:

« 小春日和の師走 | Main | カラスか孔雀か »