« ついに襲来か | Main | 何かを期待できるのか »

大寒

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると。

二十四節気の1つ。1月20日ごろ。および、この日から立春までの期間。
太陽黄経が300度のときで、寒さが最も厳しくなるころ。十二月中。『暦便覧』では、「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と説明している。寒の真ん中で、一年で最も寒い時期である。
た、確かに!さ、寒い!
風も強い。
でも少しうれしい。
寒さのせいか今日は花粉が少ないようだ。
昨日、一昨日に比べて少し楽!
寒さと花粉、どっちかと言えば迷わず寒さを選ぶんだけどねぇ。
風邪と花粉はどっちもヤダ!

|

« ついに襲来か | Main | 何かを期待できるのか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/2643267

Listed below are links to weblogs that reference 大寒:

« ついに襲来か | Main | 何かを期待できるのか »