« January 2005 | Main | March 2005 »

いよいよだ

昨日、病院に行って薬を貰ってきた。
今日は朝から喉と鼻と目に異常が。
明日からいよいよ大量飛散だって。
本格的なスギ花粉時期の到来だ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

可愛い~ったらありゃしない

050226-01今年最初に我が家を訪問してくれた彼女が約二ヶ月ぶりに我が家へ。
子供の成長ってすごいねぇ。
首も据わり抱っこは楽になったけど、お、重い。
表情も豊かになってカアイイ~!
おかげでビールが美味かった。(おぃ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

飲まないつもりだったのに

特に意識していた訳ではないのだけれど。
今年はまだ一度も飲み屋へ行ってなかったような気がする。

昨夜はチョット誘われて久しぶりに飲み屋へ。
美味しいおでん屋で美味しいビールと焼酎を飲んだ。
二次会まで行ったのだが猛烈な睡魔に襲われて、三次会を謝絶して帰ってきた。
体が疲れているようだ。

よし、しばらくアルコールを休もう!と思った矢先に今から来客。
夕食を我が家で一緒にすることになった。
チャンコ鍋だって!
急いでビール冷やさなきゃ。
俺しか飲まないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソフトを充実しよう

小中高校の防犯システム整備1.4% 全国最低

 大阪府寝屋川市の小学校教職員殺傷事件を受け、学校の安全確保がクローズアップされているが、県内の小中高校などで防犯監視システムを導入している学校はわずか1・4%で、整備率は全国で一番低いことが文部科学省の調査で分かった。ただ、県教委は「地域で子どもたちを守る取り組みの方が、本県の教育カラーに合っている」として、ハード面に頼らず、地域との連携を強めることで防犯に努めていく。 ・・・中略・・・
防犯カメラ、センサー、インターホンなどの防犯監視システムが整備されているのは、県内では上新田中(新富町)と養護学校六校の計七校。整備率は全国で最も低く、逆に最も高いのは大阪府の78・8%、全国平均は40・6%だった。
全国最下位とか最低とかが定位置になった感のある宮崎だが、これに関してはこれで良いのかも。
県内の整備率の低さについて「現実的に自治体の財政面の厳しさがある」のは確かだろうが、それよりもやはりソフトの充実だと思う。それが「田舎の良さ」であり「強み」になると思うから。
「地域」「学校」「職場」「親」それぞれが、それぞれの役割を認識して実行できればハードに頼らない防犯は可能なはずだし、そうあるべきだと思う。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今年もまた

年一回の更新日がやってきた。
自分の体と心にまたひとつ、年輪を刻み込もう。
願わくはその年輪がいつまでも消えることのない、確かな軌跡でありますように。

050222-01さぁ!ケーキだ。
考えてみれば以前はケーキなんぞ食べたいと思ったことはなかった。
一口くらい食べてたけどね。
俺の誕生日も含めて家族の誕生日ケーキはほとんど妻と我が子が食べていたといっても過言ではなかった。
それがある時期からケーキやお団子を食べられるようになった。
時には食べたいと思うことさえある。
食の好みが変わったということだろうか。

思い当たることがある。
我が子が小学生の頃は二人がかり(妻と我が子)で甘いものを食べていた。
我が子が寮生活を始めたことで普段、我が家で甘いものを食べるのは妻だけになった。
我が家に集う甘いものを妻が一手に引き受けるということになるとさすがに我が家の床がもたん。妻の健康が心配になる。
「少しはオマエも甘いもの手伝ってあげなさい!」という神の啓示だったのだ。
ということで、我が子もいないことだし、妻の健康のためにケーキ食べよっと。(おぃ)

我が子といえば。
寮生活3年目にして初めて!
「誕生日おめでとう」の電話をくれた。
どういう風の吹き回しだ。明日、大雪じゃなかろうな。
などと憎まれ口はやめにして。
我が子よ。
ありがとな!
プレゼントも何もない電話口だけのお祝いだったけど。
「プレゼントは春休みにね!」とは言ってくれなかったけど。
「お小遣いをためてある口座から好きなもの買っていいよ。」とも言ってくれなかったけど。
お前の気持ちだけで俺は男泣きに泣きたいくらいうれしかったぞ。
泣かなかったけど。
今度帰ってくる春休みには、家族でディナー!食べに行こうかね。
お小遣い、貯めとくんだぞ。(おぃ)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

秒読み開始

あと1時間40分。

昔から偶数が好きだったんだ。
誕生日も222の偶数だらけだし。
ラッキー7より末広がりの8のほうが好きなんだ。
名実ともに年男だし。

喜ぶべきなんだ。
年輪をまたひとつ重ねるんだから。
人生経験がまた少し豊富になる(筈だ)から。

妻は喜んでくれてる。
自分との年の差が五つに広がるって。
実は俺の誕生日を祝うというよりも、自分(妻)が俺より5歳も若いことを強調したいだけなんだけど・・・。

うわぁー。
あ、あと1時間30分でまたひとつ歳をとってしまう~。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

流行ってるんだ

インフルエンザ患者が急増 全国で7万7000人

 全国のインフルエンザ患者数は6日までの1週間で約7万7000人に達し、2週連続で大幅に増えたことが18日、厚生労働省のまとめで分かった。同省は、さらに流行が拡大する恐れもあるとして、うがいや手洗いなどを呼び掛けている。
 厚労省は全国約5000の病院の協力で、週ごとの患者数を調査。1病院当たりの報告数は、本格流行入りした1月17-23日は2・81だったが、同24-30日は7・94、同31日-2月6日は16・46と急増した。
 20を超えていたのは、埼玉県の38・66を最高に三重、千葉、神奈川、宮崎、東京、群馬、鹿児島、愛知、佐賀、静岡の11都県。関東、東海、九州地区での流行が目立った。
人口の割合でいったら宮崎がトップかも。
花粉に加えてインフルエンザの心配も・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どーせーってか

健診結果がきた。
血液検査も異常なし!
これで心おきなく酒が飲める。(違)

うん?なんじゃこりゃ?
洞性徐脈?どうせいじょみゃく?

「洞性」とは、
心臓において規則正しいリズム(トクントクン)を最初に作り出す司令塔は大静脈と右心房の境目辺りにある「洞結節」と呼ばれる所だそうな。
健康な心臓の場合、ここで心臓のリズムが作られ電気信号が心房から心室へと伝わっていくらしい。
「徐脈」とは、
これは字を見ての通り「ゆっくりの脈」という意味らしい。

で、結論は?
要は心拍数が正常(1分間に60以上)より少ないものの総称だそうな。
健診時の心電図検査において、「心拍数が60以下で心電図の波形が正常なら洞性徐脈と診断」されるんだって。
「リズムを作っている部位自体は正常なんだけど、リズム自体がちょっととろいんだよなぁ」ってことらしい。

なるほど。
リズム感がないことは自覚していたが体内にまで影響してるとは思わなかった。
それにしても「徐脈」って。
高齢者やスポーツ選手、睡眠中にしばしば見られるんだって。
俺ってスポーツ選手だったっけ?
次回の心電図検査の時にはしっかり起きてなきゃ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

実物が見たい

県総合農試がスイートピー新品種開発

 県総合農業試験場(佐土原町)は十四日、一つの花に二色の花びらを付けるスイートピーと、観賞用など新たな特性を持つ三タイプの水稲を開発したと発表した。いずれも農水省に品種登録される予定で、県は新たな需要を掘り起こす新品種として期待している。
 スイートピーの新品種は、薄い紫と濃い紫の二色の鮮やかな花びらが特徴。「複色」と呼ばれる全国的にも珍しい品種で、一九九七年から二種類を交配して完成させた。従来の同系色品種より収量が多く、一株当たり三十本が出荷できる。
地元で開発されたものだし、是非とも実物を見てみたいもんだ。
それにしても・・・。
平安時代の歌人和泉式部にちなみ「式部」と命名したそうだが、紫式部の「式部」との違いはあるのだろうか。
どうでもいいんだけどさ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

春雷

すごい!
19:00頃から騒ぎだした雷が今も益々勢いを増して暴れてる。
天地を揺るがす雷鳴とはよく言ったものだ。

春雷とは春の初めになる雷が春の到来を伝えてくれるという大変めでたい雷のことで、その雷により雨が降り農作物も多くできると農民にも喜ばれる雷として知られています。
雷鳴にびっくりして冬眠していた地中の虫たちが目覚めるという想像から「虫出しの雷」という言い方もあるそうな。
うん!この音だったら地中の虫たちどころか冬眠中のあらゆる動物が目を覚ますだろう。
朝(7:00頃)鳴ってくれればカミナリの苦手な妻なんか目覚ましなしで飛び起きるだろうに。
妻は今、おっかなびっくり入浴中。
いやいや!決してもっと鳴ればいいなんて意地悪なこと考えてないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

梅一輪

050213-01
たった一輪だけ。
他はまだまだつぼみ。
昨年は2月11日が我が家の梅開花日だった。
今年はチョット遅れ気味かも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱ時代だろ

寮に帰らねばならない我が子をバスに乗せ。
針治療のために一ヶ月ぶりに我が家に来た義母をほっといて。
万難を排して(オーバーな)行ってきましたコンサート

あっという間の二時間半だった。
歌と喋りのギャップは相変わらずで。
明るい話術はオールナイトニッポンを思い出させたし。
歌の時には目を閉じて聴きたい気分だったけど。(おぃ)

欲を言えば昔の歌(初期の頃の歌)が聞きたかったなぁ。
時代とかアザミ嬢とかもう歌わないのかなぁ。
今日のコンサートで一番古い歌は「別れ歌」だったかな。(多分)
知らない曲も何曲かあったが、忘れたんだろうか?
最近はCDチェックするのサボってるから知らない曲もあるかも。
なんにしても。楽しかった!堪能した!満足じゃ!

懐かしさで、持ってるレコードが聞きたくなったけどプレーヤーがない。
いやいや、プレーヤー買うとは言ってないけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

病み付きになりそう

今日も我が子と午後から図書館へ行った。
新しい建物できれいだし、なかなか居心地もいい。
沢山の本に囲まれてるだけでなんとなく楽しくなってしまう。
朝から晩まで図書館にこもって居たいなぁ。
誰か代わりに仕事に行ってくれないかなぁ。(おぃ)
濫読の楽しさを思い出してしまって病み付きになりそう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

いつでも行けるはなかなか行かない

2月2日に送って行ったばかりなんだけど。
昨夜、2月の帰省日で我が子が帰ってきた。
その間、3泊4日で秋田に行ってたから、実質、寮にいたのは8日から10日の2泊3日間だけ。
寮滞在、最短記録だ。

今日は家族3人で芸術劇場へ。
「サントリーコレクション 西洋の美・日本の華」展

 サントリー美術館(東京)は開館以来40余年。「生活の美」をテーマに、絵画、陶磁、漆工、染織など幅広く作品を収集、3千点を数える館蔵品があります。今回はその中から、国宝、重要美術品・文化財8点を含むえりすぐりの日本美術・工芸品63点を紹介します。
 また、サントリーミュージアム天保山(大阪)に収蔵する印象派から現代までの西洋絵画18点も展示。
 本展は、サントリーがコレクションする一級品の日本美術と西洋絵画双方の精華を同時に紹介する宮崎単独での特別展となります。宮崎では、最初で最後の展覧会となるでしょう。
 新春を飾るにふさわしい名作の数々をお楽しみください。
普段縁のない芸術なるものもたまにはいいもんだ。
終了間際(明後日13日まで)とあって、かなりの人手だったが、名作の数々を堪能した。
好みからすると西洋の美よりも日本の華が見応えがあったかな。
西洋画の中には俺でも描けそうな油絵があったりして。(おぃ)

夕方には地元の図書館へ行ってみた。
我が家の近くに去年の10月にオープンしてたのに、なかなか行く機会がなくて。
現在の蔵書は約7万冊。最終的には12万冊を目指すそうな。
分類も良く工夫されていて分かりやすかった。
なかなかいいぞ!
これからは本屋よりもここだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだ車検前なのに

リコールだとぉ。
作業内容は、
エンジンコントロールユニット(コンピュータ)プログラム変更。
エキゾーストマニホールド点検=異常なし。
エキゾーストマニホールドカバー交換。
だそうな。

朝取りに来てくれて、夕方には戻してくれたけど。
どっかの自動車会社みたいにリコール隠しされるよりましだけど。
まだ新車(2002-09-16購入)だと思っていた愛車が急に中古になったような気がしたぞ。

そういえば今年は車検だった。
現在の累積走行距離は43,000キロメートル。
結構走ってるなぁ。
もう立派な中古車だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

好評みたい

050210-012月1日オープン。
南郷町目井津の「港の駅めいつ」
「道の駅」はどこでもあるけど、「港の駅」って珍しいのでは。
食堂の営業時間は(今のところ)11:00~14:00だそうな。
定休日は毎週月曜日。

050210-02オープンしたてもあって、かなりの人が殺到(?)しているらしい。
西武ライオンズの選手や取材陣も来たらしい。
評判も上々らしい。
今日は残念ながら15:00過ぎだったので食堂は終了してた。
メニューはカツオめし、マグロ丼、海鮮すし他各種。
他に地域の特産品も多数。

お近くにお越しの折には是非どうぞ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

チャンネル争い

サッカーを見ようという俺と、天国の階段を見たいという妻。
負けた譲ってあげた。
妻の言い分。
「天国の階段を見終わって5分くらいは見れるから結果は分かるわよ。」
そういう問題じゃないんだけど。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

こんなところにも

携帯で出欠とります 青森大、代返を阻止 授業中に番号発表

 携帯電話で出欠確認、代返は阻止します-。青森大(青森市、栗原堅三学長)がこんなシステムを開発、平成十七年度から全学で導入する。講義中に出欠を取る時間と手間を減らし、集計作業を簡素化するのが狙い。同大は「個別の講義で電子メールを利用して出欠確認している例はあるが、全学での導入は初めてでは」と話している。
 教師が授業中に番号を発表すると、学生は携帯電話で専用ウェブサイトに接続、番号と講義名を入力する。一分以内に行わなければならず「(欠席した学生の代わりに返事をする)代返には、三重、四重の秘密の防止機能を考えている」(同大)ため、教室にいない学生が入力するのは不可能という。
懐かしいなぁ~、代返。
よく友達に頼んでた頼まれてたなぁ。(おぃ)
それにしても、こんなところにもケータイかよ。
「いけね。部屋に忘れてきちゃった、ケータイ!」「授業出たってどうせ欠席なら、サボっちゃえ。」てんで出席率悪化ってないのかな。
ま、その場合は単位落とすだけだからそれこそ自己責任。
「ケータイなんて持たない主義です!私の出席確認はどうしてくれるんですかっ!」っていう奴いないのかな。
いて欲しい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

寒ブリ

昨日から実家へ帰ってた。
今日は伯母の一周忌。
法事のあとは皆で昼食。
出てきた料理の中で秀逸、一番人気だったのが寒ブリ

冬は、魚に脂がのっておいしくなる季節です。その中でも一目置きたいのがブリです。人呼んで「寒ブリ」。これほど堂々と旬を宣言している魚はほかにあるでしょうか?
ありません!この時期最も美味い魚だ。
13キロの寒ブリ。う~ん、写真に撮りたかったぁ。
他の料理(鯛の刺身やオードブル)には目もくれず、ひたすら寒ブリを堪能した。
大満足の昼食であった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

再び正月気分

正月も終わり、はや如月だというのに。
今日の夕食は雑煮だった。
まだ正月気分に浸ってるのかと呆れられそうだが我が家はお餅大好き家族。
正月の餅を冷凍保存してあり、時々煮たり、焼いたりして食べる。
我が子が帰って来た時も食べたし。
まだ30個くらいはあるらしいから、暖かくなるまでにあと3回は食べられるな。
そう!我が家は一回に10個以上、餅を消費する。
誰が何個消費するかは内緒だ。
それにしても、こんな風に餅食ってるからいつまでも正月気分が抜けないんだ。>自分。
よし、ついでに新年会もやろうかな。(おぃ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

節分

俺の小さい頃にはなかった(知らなかった)風習だ。
恵方巻

恵方巻(えほうまき)とは、節分に食べる太巻きのこと。関西から流行り始めて、今では全国で知られ、普及するようになった。商売繁盛や無病息災などを願って食べる。
節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かって、太巻きをまるかぶりするのが習わしとされる。食べている間は、無言でなければならない。 七福神にちなんで、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶなど七種類の具を入れて、福を食べるという意味合いもあるらしい。「福を巻き込む」という説明もある。
我が家にはむかない習わしだな。
「太巻きをまるかぶり」は得意とするところだが、「食べてる間は無言でなければならない」は絶対無理だ。
なんで無言なんだろ?
この習慣の1990年代以降の全国的な伝播は、全国的に店舗展開するコンビニエンスストアのほか、スーパーマーケットが節分やその前の時期に大きく宣伝を行っていることによることが大きい。
やっぱりねぇ。
恵方巻を初めて見たのはコンビニだった。
コンビニの新たな販売戦略かと思ってたもんね。

我が家で節分といえば豆まき。昔から落花生をまいている。
内にまいたものはもちろん、外にまいた落花生も拾い集めて食べる。
家の周りは全て芝生だから平気だ。(大嘘)

それにしても。
妻が落花生を食べたいばっかりに、子供がいなくても豆まきをする夫婦って・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

成人病健診

毎年恒例の健診を今日受けてきた。
悪いなりにも視力は前年をキープ。
かろうじてメガネなしの生活を続けられそうだ。
身長、体重、血圧も前年と変わらず。
レントゲン、胃の透視もとりあえずは異常なし。
血液の検査結果は後日だから、まだコレステロール値や肝機能は分からないが、多分大丈夫だろう。
健康を数値で確認することもたまには必要かもね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

思わぬ休暇

今日は我が子の帰寮日だった。
妻は所用で昨日から実家へ帰っていたので、今回は俺が連れて行くことにして仕事は休暇をとっていた。
出発はお昼頃と決め、のんびり朝寝をしていたのだが、9:30に電話で起こされた。
普段雪なんか降ったことのない宮崎平野部なのに、大寒波襲来によって底冷えのする寒さと一緒に雪も落ちてきていた。
我が子の学校は県内でも一、二の寒さを誇る山間部。大雪だそうな。
電話は学校の連絡網で今週一杯の休校を告げるものだった。
通常であれば我が子は、♪い~ぬはよろこび 庭駆け回り♪じゃないけれど飛び上がって喜ぶところであるが、今回はチト訳があって素直に喜べない。
2月3日から秋田へ行く予定があり、なんとしても3日までには帰寮しなければならない。(こんなときに限って)
その後、色々連絡を取り合いどうにか段取りが決まったのがお昼過ぎ。
今日は帰寮しないことになって俺の役目も終わったのだが、いまさら仕事に行く気力も時間も(?)なかったので、昼から完全休養日。
思わぬ休暇となり、我が子と一緒に家の中でのんびりしましたとさ。

その代わり明日は仕事終了後、往復約200キロを走らにゃならんけど。
それにしても日本全国をすっぽり覆っている寒波!
スキー大会に影響がなければいいが。
何はともあれ健闘を祈る>我が子よ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »