« ノンビリできるはず | Main | 寝不足だぁ »

父の日に寄せて

昨年の父の日に続いて親父へのメッセージ。
今年は室井佑月blogの企画ラブレターへトラックバック。
これで3個目だ。数打ちゃいいってもんでもないが、枯れ木も山の賑わいってことで・・・。




『みんな元気だ!』
   (ハルク 48歳 親父への手紙)

 親父!心配すんな。みんな元気だ。俺たち夫婦も、妹夫婦も、もちろん、おふくろも。そして何より、親父が手放しで可愛がった孫たち、みんな元気だ。親父のいない父の日はもう3度目になるけれど。

 おふくろは相変わらずの一人暮らしだ。やっぱり実家が良いみたい。時々、我が家や妹の家に遊びには来るけれど一週間居れば良い方かな。住み慣れた家、親父と過ごした家に帰りたがる。
 おふくろの寂しさは分かってるつもりだ。親父が逝ってから一年以上泣き暮らしたと言っていい。親父との思い出の詰まった家に居ることが辛くて。でもその家を離れられずに。妻や妹が交代でおふくろと暮らした時期もあった。親父以外の者では補えない隙間なんだけど。時間が解決するしかない辛さなんだけど。
 時の流れが少しずつ癒してくれているのも事実だ。親父との生活を懐かしむ言葉の端々にそれが分かる。昔なじみの友人たちと旅行や温泉に出かけたり、食事をしたり、それなりに楽しんでいる様子だし。

 忘れちゃいないさ。親父が最後の入院をする直前、我が家の庭を眺めながら呟いた言葉。「ここに離れを一部屋作れるな。」
 俺には「かぁさんを頼む!」って聞こえた。自分が居なくなった後、実家で一人っきりの生活になるおふくろを気遣っていたんだろ。
 今、おふくろは元気だ。生活を楽しむ気持ちの余裕が少しは出てきたと思う。だから、おふくろの好きにさせてやろうと思う。生活も。考えも。行動も。それでいいよな?

 親父が目一杯の愛情を注いだ孫たちも成長している。我が子を含めて3人が高校生だ。自分の世界を広げつつあり、その分、お墓参りする機会も減ってきているけれど。忘れちゃいないさ、親父のことは。北海道、東京、熊本といろんな所に旅行に連れて行ってくれたじいちゃん。実家から出てくるたびに食事をご馳走してくれたじいちゃん。訪ねてくる人をいつでも歓迎し、魚を捌き、食べさせ、自慢していたじいちゃん。魚と焼酎と書道をこよなく愛したじいちゃん。今でも孫たちの心にしっかり生きている。これからも孫たちの成長をしっかり見守っていてくれ。
 みんな元気でやっている。心配するな。親父!

|

« ノンビリできるはず | Main | 寝不足だぁ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

いいなぁ、このお手紙も。(^^)

うちは父が亡くなってすでに17年経ってるんですが、最近よく「お父さんが生きてたら、この場面ではどういうかなぁ。相談したかったなぁ。」っていうシーンが出てきます。
もうちょっと親孝行してあげればよかった、と、しみじみ。

Posted by: 黒陣馬 | 2005.06.20 at 09:03

黒陣馬さん、こんばんは。
ありがとうございます。^^;
そうですか。早くに亡くなられたんですねお父上。
>もうちょっと親孝行してあげればよかった、と、しみじみ。
御意!(^^♪

Posted by: ハルク | 2005.06.21 at 22:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/4622199

Listed below are links to weblogs that reference 父の日に寄せて:

« ノンビリできるはず | Main | 寝不足だぁ »