« August 2005 | Main | October 2005 »

出張二日目

仕事疲れなのか飲み疲れなのか分からなくなってきた。
ともあれ、明日で今月の出張は終了。
怒涛の九月が終わるけど、さらにハードな十月、十一月が待っている。
もっと休みを、休みをくれー!

酔っ払いの戯言でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今夜のお宿は

インターネットし放題。
部屋にLANケーブルがあってパソコンさえあればネット自由。
今から増えてくるんだろうなぁ。こういうビジネスホテル。
便利な世の中になったもんだと思う傍ら、どこまで行くんだろうという疑問も常に同居している。

ともあれ。
旅先でのパソコンによるココログ更新。
初体験だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

しばらく見ぬ間に

050926-01もうハイハイができるようになってんだ。
今年最初の訪問者2月以来7ヶ月ぶりに我が家へ。
最初は見知らぬ人と見慣れない部屋に緊張していたが、10分もすると最高の笑顔を振りまき、15分もすると自分の家同様の振舞いで和ませてくれた。手当たりしだい手に取り、そのまま口へ。部屋中をハイハイで動き回るし。よくしゃべるし(アーウーオーって)。
10ヶ月の子供相手に時間の経つのを忘れて遊んでしまった。

明日から今月最後の出張。2泊3日。
お風呂も出張準備もまだなんだけど、ココログ更新を優先させてる自分を褒めてあげたい。
妻の呆れた視線を無視して。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

忙中閑あり

2泊3日(21日~23日)の東京出張。
忙中閑有り!っていうより、ひたすら暇だったんで(おぃ)、秋葉原に行ってみた。
最近オープンしたばかりのAKIBAをブラブラと。
すごいねぇ。広いねぇ。豊富だねぇ。
プリントサーバやデジカメ、プリンタにサプライ用品諸々。
目移りしちゃう。
ひたすら「荷物になるから!」を自分に言い聞かせ、物欲魔王が目覚める前に逃げ出したけど、あと30分居たらヤバかったかも。
それにしても昼食をはさんで4時間近くも秋葉原に居たことになる。
これって立派なアキバ系?(違)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

いつの間にか

すっかり秋の気配じゃないか!
季節の変わり目を感じる余裕すら無くなっている今の自分をちょっと反省。

9月21日から2泊3日で東京出張だった。
涼しかったし、日暮れも早かったけど、「秋」を感じるのではなく、「東京だから!」と思っていた。
23日に自宅に帰ったんだけれども、お彼岸だし、父の命日(24日)だし、ということで、その日のうちに実家へ。
実家で1泊したけど、お墓参りをしなきゃ!で寝坊はできなかったし、なんか慌ただしかった。
やっぱり、気持ちがのんびりしてないと季節は見えないのかもね。

昨夜、久しぶりに自分の布団、自分の枕で寝たけど、熟睡とはまさにこのことか。
目を覚ましたら、お昼だった。
貴重な完全休養日が半日も過ぎていたなんて。(おぃ)
お昼からの半日も家の中でひたすらのんびり。
ようやく秋の気配が濃くなってきていることが感じられた。
特に夕方から。
空気が冷たいし、虫の声がにぎやかだし、お腹は空くし。
いつの間にかもう秋なんだねぇ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

53000キロ

愛車の3年間の走行距離。
約53,000キロ。
今月が車検だったので、バンパー左後部の凹みや割れたウィンカーカバーも一緒に修理してもらった。
ようやくまともな車に戻ったぜ。

それにしても。
3年間で5万キロ以上走るなんて。
このままいくとあと3年で10万キロってことか。(はやっ)

もっとも、妻の車は既に9万キロを突破している。
買い換え資金はもちろん無い!
今時の車は頑丈だから大丈夫だろ。
目指せ15万キロ走行。
と、ろくに手入れもしない持ち主から言われても車も困るかも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

報酬の出所は

昨日、一昨日の重労働に報いるため、自分たちへのご褒美として、今夜は外食。
資金を俺から捻出しようとしていた妻だったが、さすがに重労働させたうえに金まで出させるのは気が引けたのか、俺の財布を狙うことは諦めたようだった。

支払いの時に使ったのは商品券!
クレジットカードのポイントで交換した商品券だって。
そんなもん持っていながら、俺に1万円出させようとする妻は、ひたすら家計を節約しようとする賢い妻なのか、それとも、旦那からは取れるもの何でも取るという非情の妻なのか。
後者でないことを祈るのみであるが、ま、お互い身銭を切らずに済んだということで、良しとするか。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ビフォー&アフター

050918-01公(仕事)が忙しい時には私(プライベート)も忙しいもんだ。
せっかくの休みなのに庭掃除をやろうと言い出した妻。
せっかくの休みだから体を休めようという夫。
2人して庭掃除をすることになったのは、力関係(妻に言い負かされた夫)ではなく、あまりに自然回帰しすぎた我が家の庭をなんとかせねばという使命感だった。

050918-02雑草抜き、垣根の剪定、梅の枝落とし。
俺はほとんど雑草抜き係りだったので、腰や膝が固まってしまった。
しかも2日がかりで。
おかげで、何とか密林や湿地帯になるのは免れ、一応、庭としての形は保ったようだ。

ところで。
業者に頼もうと言う俺に妻は言った。
「業者に頼んだつもりで自分たちでやって、その分、美味しいものでも食べようよ。」
作業が終わって妻が言った。
「業者に頼んでたら2~3万はかかったはずよ。1万円でいいわ。」
つまり、俺にお金を出させて美味しいものを食べに行こうという。
チョット待て。
重労働したうえに金までとられるなんて、なんかおかしくないか。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

感謝しよう

我が子は、先日(9/10、11)ホームステイだった。
学校の恒例行事で、地域の民家にお世話になる。
我が子は今年で既に4回目。
今までは先輩と一緒だったけど、今年からは後輩と一緒。
立場の違いが意識できたかな。

それにしても、毎年のことながら、受け入れてくださるホストファミリーに頭が下がる。
親元を離れて暮らす子供たちにこれ以上ない愛情を注いでくださる。
食事に気を使い、遊びに連れ行き、子供たちを楽しませ、励ましてくれる。
ただただ感謝!

我が子よ。
感謝の気持ちを言葉や態度で示そうな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アッという間に

一週間が過ぎてしまった。
ネタもないけど、時間もない。

先週は日帰りだったけど3日間出張だったし。
明日からは泊まりの3日間出張だし。
来週も、再来週も泊まりの出張予定がある。
今月は21日間のうち12日間が出張だ。
わーい!(ヤケ)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

帰れない

050906-01大きな爪あとを残した台風14号。
近所の並木も根こそぎ倒されていた。

未だに県下全域の被害の全容は掴めていないらしいし、二次災害も起こっているようだ。
新聞やテレビで伝えている以上に被害は広範囲で大きくなりそうだ。

母は今日、実家に帰る予定だったのだが、停電していて復旧の見込みが分からないうえに、水道まで止まりそうだと聞いて帰るのを諦めた。
せめてライフラインが復旧しなきゃぁね。
実家の冷蔵庫や冷凍庫の中のことは考えないことにしよう。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

台風14号始末記

昨夕から既に台風模様だった。
仕事から帰るとお隣の家の屋根にビニールシートが掛けられ、土嚢が載せられている。
早くも暴風か!と思えば。
我が家の近所(1.5キロ先)で竜巻が起こり民家の屋根瓦を巻き上げたらしい。
その竜巻が我が家辺りにまで襲来、今度は巻き上げた瓦を落として行ったそうな。
我が家の斜め向かいの家はその瓦の襲撃を受け自分の家の瓦が割れたという。
既に雨風が強くなっており修復は無理ということで、ビニールシートに土嚢での応急処置となった訳である。
もし我が家も被害を受けていたら、泣くに泣けないショックを受けていただろうが、道ひとつ隔てた我が家の屋根はなんと無傷だった。俺はこれを奇跡と呼ぶことにする。

今朝は、早朝(4:00)から暴風雨。
昨年の16号ほどの暴風ではなかったものの、今年の(14号)はとにかく雨量が凄まじかった。
川沿いの住宅には避難勧告が出たとか、床上浸水がひどいとか、道路が冠水して陸の孤島になったとか、豪雨による被害が大きかったようだ。

幸い、職場も我が家も大きな被害を受けなかったし、先ほど連絡を取り合った親戚一同も皆無事な様子、一安心といったところだが、台風の最中の海、川や道路を眺めていると自然の驚異と人間の無力さとをあらためて思い知らされる。やはり人間は自然に対してもっと謙虚であるべきだね。

被害にあわれた方々に心からお見舞い申し上げますと共に、一刻も早い復興をお祈り申し上げます。
また、今後の台風進路にお住まいの皆様も十分お気をつけ下さい。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

体育祭&文化祭2005

土曜日(9/3)と日曜日(9/4)は我が子の体育祭&文化祭だった。
普通、高校生ともなれば親はあまり(子供の体育祭を見に)行かないらしいが、我が子の学校は、ほとんどの親が泊まりがけで参集する。
やはり、普段離れて暮らしている子供たちの成長ぶりが気になるんだ。
決して、昼間っから夜中までビールや焼酎が飲めるからじゃないはずだ。(うん)

前日(9/2)は仕事の付き合いでどうしてもはずせない飲み会があったのだが、それをものともせずに早朝(5:00)に目を覚ますことができたのは、子供への愛情以外考えられないと思う。(たぶん)
朝っぱら(9:30)から勧められたビールを固辞したのは、二日酔いで飲めなかったのでもなく、お昼の楽しみに取っておいた訳でもなく、子供たちの競技を一生懸命に応援したかったからだ。(おそらく)

毎年恒例の競技に全学年による全員参加のリレーがある。
中学1年生から高校3年生(6年生)まで全員がバトンをつなぐ。
もちろん中学生が高校生に勝てるわけもなく、周回遅れになることも毎年のことなんだけれど、それでも子供たちは一生懸命だ。高校生は手加減なしで全力で走るし、中学生も周回遅れになろうとも決して手抜きをしないで懸命にバトンをつなぐ。このリレーを応援している時には不覚にも目頭が熱くなってしまう。
勝敗じゃないんだね。競技やゲーム、ダンスに取り組む姿勢なんだと思う。子供たちのひたむきさが伝わってくる素晴らしい体育祭だった。みんな!お疲れさん。

その日の晩は親同士の親睦会。
昨夜と昼間に引き続いてのアルコールだったけど、子供に負けじと親も頑張ったぞ。(違)

翌日の文化祭も楽しかったのだが、台風の気配がじわじわと迫っていたので、早め(14:30)に学校を後にした。
断じて飲み疲れていた訳じゃない。(はずだ)

我が子の文化祭は二日間、今日(9/5)まであった。
妻は仕事(パート)を休んで行くつもりだったのだが、台風が上陸コースを辿っているので断念した。
聞くところによると学校もかなりの風雨だったらしいが、文化祭も無事終了したとのこと。
明日は振り替え休日だし、どうせ台風で身動き取れないはず。ゆっくり休むといい。>我が子へ
俺は暴風雨の中、出勤だ。(むぅ)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

長月

「夜長月」の略とされる旧暦九月。
「月を長い時間見られる月」という説もあるそうな。
「月見る月」をできれば少しのんびりと過ごしたいものだ。

今年も残り120余日。
早いもんだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »