« December 2005 | Main | February 2006 »

ワイナリー

今日は我が子の帰寮日。
平日にもかかわらず(仕事を休み)夫婦して送っていった。
な~んて優しいんだ俺って。

実は三者(先生、親、子)面談があったのだ。
内容はひたすら進路の話。
幸い、「お宅のお子さんの行ける大学はありませんよ。」とは言われなかったので、そろそろ本気モードで進学を考えろよ>我が子。

060131-01我が子を送った帰りにちょっと足を伸ばして五ケ瀬ワイナリーによって来た。

060131-02蔵出し第2弾。頼まれ(2本)を含めて5本お買い上げ~。
雪の麗峰も試飲してみたけど、俺の好みはこっちかな。
妻の選択基準、「どっちが甘い?」

帰りはいつものとおり遅くなったから途中で外食。
ワインの試飲が誘い水になってビールを飲んだ。
明日は生活習慣病予防健診なんだけど。
ま、いっか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蕎麦打ち

060129-01仕事が休みにもかかわらず相変わらず慌ただしげな我が家の妻。
「お昼は蕎麦で良いよねー」と言いながら蕎麦打ちに挑戦。
昨年の年の瀬に講習を受けて年越し蕎麦も手打ちの蕎麦だった。
忘れないうちに!ということで昼食は手打ち蕎麦となった。
なかなか美味しゅうございました。

それにしても我が家の妻。
食べものに関しては手間隙を惜しまない人だ。(尊敬)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

家事する(?)男たち

仕事は休みなんだけれど、9:00過ぎには外出していった妻。
「洗濯機止まったらお願いねぇー(干しとけってこと)昼食は適当に(食っとけってこと)、夕食よろしくー(準備しろってこと)」と言い残して料理講習(受講)へ。

昨夜帰ったばかりの我が子と家事分担。
洗濯物干し、昼食の片付け、夕食のお米洗いが我が子。
昼食準備、夕食の買出しとおかず作りが俺。
ホントは全部子供に任せてもいいんだけど、帰った早々あんまりこき使うと(我が子が)帰宅拒否症になるといけないから。(おぃ)

それにしても。
夕食の片付けまで妻の手を煩わせずに済ませるなんて我が家の夫はなんて優しいんだろ。
(いや、俺のことだけど。)
一人でできることでも子供の将来を考えてちゃんと我が子に手伝わせてるし。
(決して負担軽減が目的ではない!はずだ。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

忙中閑有り

「明けましておめでとう!」と挨拶したのがつい先日のように思えるのだが正月も残すところ一週間。
新年早々出張続きで事務所に出勤したのは今日で4日目。明日からまた1泊2日の出張だ。
1月の出勤日数は(30日を入れて)5日間。出張日数が13日間。
すげー!
こんなに職場にいなくても誰も困っていないということは俺は職場には要らないんじゃなかろうか?なんてことをふと考えたりする。
ということは。
一週間といわず一ヶ月くらいの長期休暇をとってもいいんじゃなかろうか?たぶん誰も困らないはずだ。なんてことを考えたりもする。
もちろん(一ヶ月の長期休暇取得を)実行したら自分の机が無くなることは目に見えているのだけれど。

なにはともあれ。
忙しいなりに(忙しいからこそ?)充実している。
頑張るっきゃないし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水を買う

我が家のイオン生水器の調子が思わしくない。
2年ほど前から事ある毎に買い替えを検討しつつ、なんだかんだと使い続けているのだが。
アルカリ性水が欲しい時に勝手に酸性水を提供してくれるここ最近に至って妻も堪忍袋の緒が切れたらしく、予算内で修理可能か否かを見極めるためメーカーに送った。
当然、水道水をそのまま使わざるを得ない状況になったのだが、10年以上浄水器の水を使ってきた習慣から、なかなかそれができない。せめて飲み水と玄米を炊く水と汁物(味噌汁、スープ等)の水はなんとかしたい!という妻の強い希望で水を買うことになった。
生協で3ガロン(約11リットル)の容器を500円で買い、自動給水機に200円投入して満杯に。
RO水だそうな。
ミネラルウォーターがコンビニに並び始めた頃には、「水が売られる時代なんて!」と半ば呆れ、半ば嘆いたもんだ。
井戸水使い放題で育った俺にとってカルチャーショックにも似た出来事だった。
美味しい水、安全な水は買うのが当たり前の時代になったんだとつくづく思い知らされる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

残ってるかな

我が子の今度の帰省は5日後の27日。
閉寮だから絶対帰ってくる。
叔母が、帰ってくる我が子のためにかりんとうをくれた。
黒糖かりんとうと紫芋かりんとう。
しかも1キロずつ。

妻も大好物のかりんとう。
くれぐれも我が子にと念を押されてはいたのだが。
1キロ×2袋も食べきれんだろう、と一袋(紫芋のほうを)開封。
食後に夫婦してポリポリ。
止められない止まらない。
27日まで残ってるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

追突事故の余波

思い出したくも無いけれど。
年末に追突事故にあった。
信号で停止している時にいきなりドンッ!
加害者の女性は警察に電話することより知り合い(?)に電話することを優先するようなお人だった。
俺の車のバンパーとバックドアを凹ましたにもかかわらず、クリープ現象(シフト「D」でアクセルから足を離した状態でも車体がスルスルと前進する現象のこと)を言い張るお人だった。
任意保険の期限切れにもかかわらず平気で車を運転するようなお人だった。

今日、車の修理が終わった。
バンパーとバックドアの交換。
139,377円なり。
「お金が無いのですぐには払えない。」と言う加害者をも愛さねばならないのでしょうか?神よ!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

お土産

先週13日は佐賀県へ出張だった。
福岡まで航空機を使い博多駅経由で佐賀駅までの出張ルートを妻に話したら。
妻 「えー!佐賀だけじゃなく福岡にも行くんだ。じゃぁ、お土産は福岡と佐賀のお土産ね。」ってことで、筑紫餅佐賀錦をリクエストされた。
福岡は通過するだけだからお土産購買地の対象にならんだろ!という一般論は妻には通用しないし、どちらも食べ物ってのが妻らしい。
言われたままに買ってくるのがまた俺らしいけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さぁ本格的に仕事だ

正月気分ともおさらばして今年も頑張らねば!
と仕事モードに切り替えた途端、またも出張続きの生活になりそうな予感。
昨日、今日で1泊2日の出張でしょ。明日は日帰り出張でしょ。13日からは1泊2日で佐賀へ。
今週は全部出張じゃん。
こりゃぁアッという間に1月も終わっちまいそう。
年末に追突された車の修理もしなきゃ。

昨夜のお宿はいつものビジネスホテルだったんだが、今朝起きたら腰が痛かった。
ベットのスプリングのせいなのか、もしや正月太りの影響なのか。
そろそろ普段の食事に戻さなきゃならないんだけど、まだ大好きなお餅があるんだよねぇ。
雑煮の食べ納めもしなきゃ!(おぃ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新年早々

060107-01おめでたいことは良いことだ。
結婚披露宴に出席。
200名を超える招待客で時間もたっぷり4時間。
あるんだねぇ4時間の披露宴

060107-02今回は挨拶も何も無い一般参列だったので気楽に飲み食い。
それにしてもすごい人数だった。
披露宴というよりも新年会のノリだったような。

060107-03キハダマグロ(40キロ)の解体ショーがあり、その刺身がテーブルへ。
堪能した。
正月太りに輪をかけてしまった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

よい一年でありますように

年間をお屠蘇気分で過ごしたい よい一年でありますように
毎日がおせち料理じゃ飽きるけど よい一年でありますように
積もる雪 募る思いを包み込め よい一年でありますように

枡野浩一のかんたん短歌blogへ投稿。
付け句だって。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年もよろしくお願いします

2006

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »