« January 2006 | Main | March 2006 »

効かねぇ

花粉の飛散がピークを迎えているようだ。
今年の花粉予想は例年より少なめのはずだったのに。
俺にとって辛さは例年並み、いや例年以上だ。
原因は薬(だと思う)。
3年前から使っている薬なんだが、今年はイマイチ薬の効き目が思わしくない。
3年も使ってると体が薬に慣れてしまうんだろうか。
症状がひどい時用に貰っている別の薬、大量飛散した昨年でさえ数回しか飲まなかったのに、今年はお世話になる回数が多くなりそう。
あんまり飲みたくないんだけど。
今年は目薬の使用頻度も高い。

もしかして。
朝食後に飲みなさいと言われている薬を夕食後に飲んでるからだろうか?
水じゃなくお茶で飲んでるから?

なんにしても。
難儀なことだ。
早く終わって欲しい花粉時期。
明日から3月さらさら。
流れてけ3月。
仕事もさらさら流れて行け~。(おぃ)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

飛行機雲

060227-04060227-06

澄みきった青空に真っ白な線。
西の空に漂うお日様の隠れた雲へ向かって消えていった。
出張帰りの空。
思わず車を止め、外に出てシャッターを切った自分を褒めてあげたい。
おかげで家に帰ってからも喉と鼻の調子が悪い。
風が強くて花粉が大量飛散してるのは分かってたんだけどなぁ。

涙とくしゃみを我慢しつつ撮った(力作?)画像はこちら

| | Comments (2) | TrackBack (0)

俺のために

060225-01我が子が現地から送ってくれた誕生日プレゼント。
今晩、早速頂いた。
どのビールよりも美味かったぞ。
ありがとね>我が子。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

誰のため?

060223-01東京出張から帰ったのは23日の22:00近くだった。
玄関を開けるといい香りが。
妻の手作り饅頭だった。
3種類(チーズ、いも、あん)をそれぞれ10個以上ずつ作るのに、昨夜は深夜2:00くらいまでかかったらしい。
しかも、包装するに当たって種類が分からなくなるということで、裏に1袋ずつ種類まで書き込んである。
1日遅れの俺の誕生日のためにそこまでしてくれるなんて!

感涙に咽び思わず抱きしめようと思った妻の口から出た言葉は。
「明日、早速、送ってあげなくちゃ!」

群馬から疲れて帰ってきた我が子のためだったのね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

プリペイドカード

今回の東京出張(2/22・23)で買った(?)もの(?)。

スイカ
モノレールやJRに乗るのに、いちいち発券機で買う手間を惜しんで買っちゃった。
ホントはモバイルスイカを検討してたんだけど、ビューカード会員になるための年会費が必要だったのでパス。
1回っきりで済む500円の保証金(?)払って。
たまにしか行かない東京出張用として。
地元じゃ全く使いみちないというのにねぇ。

ANAカードにエディの機能は付けてたんだけどチャージはしてなかった。
必要もなかったし。
羽田空港でふと目に留まったのがチャージ機。
思わずチャージしちゃった。
これも地元じゃほとんど使いみちないのに。
なに考えてんだか>自分。

これってリアルマネーを電子マネーに変換しただけだから無駄遣いとは違うよね。
違うと思いたい。
この電子マネー、地元で紛失したら笑いもんだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

告白

職場の女性に告白された。
ショックだった。
10年以上も一緒に仕事をしてきた仲間だった。
いつかは起こることだと覚悟はしていたのだが。

「3月いっぱいで仕事辞めたいんです。」

(えぇ。退職の告白ですけど何か?)

引き止めたかったが・・・。

決して楽ではない新しい道を進みたいと言う。
自分で決めたと言う。

1サイクル1年の彼女の仕事の引継ぎを考えると頭が痛くなるけれど。
残された時間は1ヶ月余りだけれど。
最優先すべきは彼女の意志だと思う。
応援すべきだと思った。

君の決断に幸あれ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

無事な証拠

我が子は今、群馬県にいる(はず)。
16日から現地入りしている(はず)。
出場は最終日(22日)だ(たぶん)。
お宿は・・・知らない。

便りがない!
妻 「何かあったんじゃない?どうして電話してこないの?」
俺に聞かれても困るんだけど。

ケータイ持ってないし。
たぶん、スキーする所(山奥)だから電話がないんだよ。(嘘、ごめん群馬県)
無事な証拠なんだよ。

参加することに意義がある。
あたかもトリノオリンピックでの日本勢が世界レベルとの差を見せつけられているように。
それ以上の差があるだろうけれど。
南国宮崎からの出場だ。
楽しんでこい!>我が子。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1個を追うもの

卵1パック(6個入り)を買ってきた妻。
早速料理に使おうと1個を取り出しキッチンテーブルへ置き、残りは収納すべく冷蔵庫の扉を開けた。
すると、1個だけ仲間はずれにされた卵が寂しがったのか、突然ゴロゴロと転がりだして流しへ身投げしようとしたらしい。
「早まってはダメ!」
妻は1個の卵を救うべく、すばやくキッチンテーブルに戻り、身投げ寸前の卵をかろうじて救った。

「やった!私のすばやい対応が1個の卵を救ったんだわ。」という満足感に浸っている妻の耳に聞こえてきたものは。
冷蔵庫の扉に中途半端に置かれた5個の卵がパックごと床に向かってダイブした「グシャ」っという音だった。

1個を追うもの5個を得ず。
我が家に代々語り継がれる家訓となることであろう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

健診結果

生活習慣病予防健診の結果通知が来た。
例年は真っ白な注意事項欄に、今年は2行、何か書いてある。

「肝機能はわずかに基準範囲をはずれていますが、日常生活に問題ありません。」
γ-GTPの値が64。基準は55以下だって。
やっぱ、健診日前日にアルコール分摂取はマズイだろ。
ま、許容範囲ということで。

「血液一般検査はわずかに基準範囲をはずれていますが、日常生活に問題ありません。」
Ht(ヘマトクリット)の値が49.9。基準は38.0~48.9。
要は血液ドロドロ度の判定なんだろうけど、これも許容範囲だね。
りっぱ、立派。
ひとえに妻の健康管理のおかげだ。
感謝!

これでまた一年間、心おきなく飲めるぞ。(違)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年は目

本格的な花粉時期だ。
例年だと鼻、喉、目の順にくるのだが、今年は先ず目。
今日は目が痒くて仕方なかった。
鼻も喉もまだ平気なのに。

今日は病院に行って薬をもらう予定だったのに、仕事の都合で行けなかった。
明日も予定があって病院はパス。
明後日の夕方に行くからそれまで何とか現状維持でおれますように。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

一足お先に

先日、既にご馳走になったんだが。
本格的シーズン到来だ。
寒ブリ季節到来 延岡で今季初水揚げ

 冬の味覚“寒ブリ”の季節到来―。延岡市の浦城漁港で7日、脂の乗ったブリ約380匹が水揚げされた。同市周辺で、まとまった量のブリが水揚げされたのは、今季初めて。シーズンは例年、3月末ごろまで続く。
先日はひたすら刺身を食ったから、今度は網焼き、ぶりシャブ、ぶりチリがいいな。
う~ん。鰤よ来い!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

突風と共に

昨日までは何ともなかったのに。
今朝はいきなり鼻水&涙。
一応、心の準備はしてたしマスクや目薬は用意していたけれど、まだ薬を手に入れていないよぉ~。
今日も明日も病院に行く暇はないし。

それにしても凄まじい風だった。
もう少し杉の木にしがみついていたかったであろう花粉もさすがに耐え切れなかったらしい。
花粉の時期の始まりだ。
なにはともあれ薬。
ヤクをくれ~!(おぃ)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

思わぬご馳走

今年に入って3日連続でココログ更新をしたことがなかったので、2月は頑張ろうと思っていた矢先。
3日に実家で一人暮らしの母と電話で話したら風邪で寝込んでいるとの事。
熱とせきがひどいらしい。
そこは子供のいない(ホントはいるんだけど)身軽な夫婦、急遽、帰省することにした。
3日の19:00前に家を出て、途中で夕食を済ませ、実家にたどり着いたのは22:30だった。
熱が38度。血圧も高めだったし、インフルエンザを心配したのだが、妻の献身的な看病と医者からもらった解熱剤が効いたらしく、今朝には熱も引き、血圧も正常に戻ったようだったので一安心。
熱は引いたものの2~3日は安静が必要だろうということで、母も一緒に我が家に連れて帰ってきた。
廻りに親戚が沢山いるとはいえ、一人暮らしの病気はやはり気にかかる。

今日は伯母の3回忌。
母に声がかかっていたのだが風邪で行けないから俺と妻が代わりに出席。
10キロ以上の鰤の刺身を堪能した。
母の風邪のおかげで思わぬご馳走にありつけた。
昼間っから酒も飲めたし。(おぃ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ようやく解決

追突事故による車の修理代(139,000円)の支払が完了した。
修理は1月17日に終了していたにもかかわらず、加害者(あえてこう呼ぶ)がお金が無いから支払えないと延び延びになっていたもの。
最悪は分割払いによる回収も考えなければならんか、と覚悟を決め、念書や支払い方法等の検討を始めたところだった。
幸いきちんとした保証人を頼んで、金融機関から借入ができたそうだから加害者にとってもラッキーだったはず。

それにしても。
職場を教えろといえば、「職場に迷惑はかけられないから教えられない」とか、あなたが払えないのなら車の所有者(加害者の姉らしい)に請求するから名前、住所を教えろといえば、「姉には迷惑をかけられないから勘弁してくれ」だの、俺の迷惑と精神的負担を気にもかけていないかのような言動には辟易した。

なんにしても。
物損事故の場合、過失割合が100:0であっても物損以外の慰謝料請求が法的にはできないということは、ある意味加害者保護の要素が強いと思うが、このような(保険は未加入、支払い能力および借入能力は無し、開き直って裁判所でもどこへでも行くという)加害者を保護する矛盾をも内包しているということを身をもって知った。
今のような車社会にあっては、自賠責保険をもっと充実させるか、一般的にいう任意保険を強制保険にすべきだと実感した。

ともあれ。
怪我が無かったことと修理代が全額一括回収できたことをもって良しとしよう。
これにて一件落着。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

生活習慣病予防健診

正月の飲み食いの余波が収まらないまま今日は健診日だった。
昨夜もアルコール分を摂取したし。

詳細は後日通知なんだが。
血圧の最低が上限に張り付いていた。
体重も2年連続の右肩上がりだし。
増えて欲しい給料は上がらずに、増えて欲しくない血圧や体重は順調に右肩上がりとは。

食生活は妻が気を使ってくれているので、あとは適度な運動だな。
剥離骨折肉離れが原因ですっかりスポーツから遠ざかっている。
せめて散歩でも復活しなきゃ。

暖かくなってからね。
あー!でも花粉が終わらなきゃ無理だな。
花粉終わると暑くなるしなぁ。
結局、散歩する気あるのかよって話。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »