« February 2006 | Main | April 2006 »

年度末も慌ただしい

気がついたら一週間が過ぎていた。
忙しさとネタの無さを理由にココログ更新をサボってしまったが、色々と記すべき事はあるような、無いような。
年度末に向けてとにかく心も体も慌ただしい。

明日は我が子の帰省日なんだが、俺は出張。
日曜日なのにねぇ。
妻が一人で迎えに行くことになった。

来週も出張ばかり。
せめて気持ちだけでものんびりしなきゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お彼岸

お墓参りに実家へ帰ってきた。
お彼岸だもの。

実家で食したもの。
イワシ寿司。
ぼたもち。
きなこもち。
刺身(クロダイ)。
煮付け(ムツ)。
イカのバター焼き。
あげみ。
お団子各種。

いや、ホントに目的はお墓参りだったんだけど。
こんなに食っていいのか>妻!じゃなくて自分。
ま、いっか。
お彼岸だしね。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

移動距離

今週は15日(水)を挟んで一泊二日の出張が2回。
前半(13日~14日)が長崎で、後半(16日~17日)は県北縦断で、お宿は実家へ。
11月に仲人をした新婚さんが訪ねてきてくれたので、ついつい飲みすぎてしまった。
魚も美味かったし。

もうすぐお彼岸。
お墓参りに帰ろうという妻の提案で明日、また実家に帰るんだけど、昨日、今日は仕事、明日と明後日はプライベートで同じルートをドライブだ。
今週一週間の移動距離はどれくらいになるんだろ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

我が家に集いし物

ういろう
さつま揚げ
さがほのか
かんころもち
長崎ちゃんぽん
シビ(半身)
たんかん
パウンドケーキ。
団子。
最中。

すべて頂き物。
(正確にはかんころもちとちゃんぽんは俺の長崎からの土産なんだけど。)
ありがとうございます。

それにしても。
我が家は妻と二人暮らし。
消化した後の妻が心配
とても消化しきれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寒の戻り?

例によって、5:30起床、6:00出発で我が子の参観日に行ってきた。
下界は曇り空で比較的暖かだったのだが、天空は冷たい雨がいつ雪に変わっても不思議のないと~っても寒い気候だった。
やっぱ何度行っても別世界だわ。

明日は長崎に行く予定なんだけど。
予報は曇りのち雪か雨だって。
ま、まだ雪が降るんでしょうか。

自分の住んでる場所がいかに温暖かを思い知らされるねぇ。
最近、頭の中も温暖化してきてるけど。(おぃ)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

リフレッシュ

リフレッシュになるかどうかは、自分としては少し疑問ではあるが。
1年10ヶ月ぶりに針治療に行ってきた。
首筋と肩の凝り、それに最近気付いた左肩甲骨の下にあるピンポン玉のような腫れ。
俺としては整体とかマッサージでよかったのだが、例によって半分妻に首根っこを掴まれながら針治療へ。

今回の症状を訴えると、最初にやったことは、足(太ももから脹脛にかけて)のツボへの刺激。
これがまた痛いんだ。
余りの痛さに針を刺してるのかと思ったが、先の丸い金属棒で刺激してるだけ。
思わず、「もう結構です。」って言いそうになったぜ。

今回の症状は、ストレスが体に表れた結果だそうな。
長時間の車の運転やパソコン、普段の姿勢、食事(水分、アルコール分を取り過ぎないこと)の注意を受けた。
針は背中に二本打ったのみ。
おかげで余りストレスを受けなかった。(おぃ)

終わった後はさすがにスッキリ!
リフレッシュになったかも。(針が二本で済んだから)
「これが持続してくれると何も言うことは無いんだが。」と思わず本音をもらすと妻がすかさず言った。
「しばらく(針治療を)続けると効果が持続するのよ。次も予約しとくね。」

あんまり続けると逆にストレスが溜まって悪くなりそうなんですけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

反応してしまう

嫌いというより怖い部類に入るゴキブリなんだけど。
怖いからこそ、こういう記事に反応してしまう。
ゴキブリも「パブロフの犬」と同じ反応…においで唾液

 水波助教授らは、体長約3センチのワモンゴキブリにペパーミントのにおいを吹きかけた。これだけでは、唾液の分泌をつかさどる神経細胞はほとんど活性化しなかったが、においを吹きかけた2秒後に砂糖水を与える条件付けを5回繰り返したところ、ペパーミントのにおいだけで神経の活動が活性化したことがわかった。
ゴキブリを研究材料にすること自体、俺にとっては考えられない事なんだが。
 水波助教授によると、哺乳(ほにゅう)類以外の動物でこうした条件反射が確認されたのは初めて。研究成果は、昆虫の脳機能の高さを示す一例として、英実験生物学誌2月号に掲載された。
環境適応力があって、脳機能も高い!言うこと無いじゃん。
そのうちコミュニケーションをとれるようになる!なんて・・・
ウー。考えたくない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一木一草

一木一草

地元宮崎の旬の食材をいかした約80種類のお料理が、ビュッフェスタイルでお召し上がりいただけます。
ということで、いただきに行ってきた。
夜は値段が高すぎて元が取れないので家でゆっくりしたかったから、昼食を妻と二人で。
本格的な地産地消レストランなんだそうな。
美味しゅうございました。
品数も豊富で一時間かけて食事したけどとても全部は食べれなかった。(おぃ)
家庭料理(筑前煮、きんぴら、漬物各種等々)も沢山あったけど、妻の手作りに勝るものは少なかったかな。
やっぱ食べ慣れた味ってのが一番美味いんだろうな。(と妻にゴマをすっておく)

昼食に二人で3千円以上使ったためにお金が二人してデザートまでしっかり食べ過ぎてお腹が空かない。
したがって今日の我が家の夕食は無し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

買っちゃった

「もーいや!こんな生活!」
とうとう、妻の堪忍袋の緒が切れた。

どんなに寒い真冬の朝でも窓を開け放って空気の入れ替えをする妻。
我が家の窓は、花粉時期だけは俺を気遣って開かずの窓となる。
たまに(今年は結構多いんだが)俺の泊まりの出張の時にここぞとばかり窓を開け放って掃除機をかける妻。
知り合いから聞きつけて空気清浄機を買おうと言い出した。
これさえあれば毎日、窓を全開できる。
これしかない!

というわけで、早速、今日の仕事帰りに待ち合わせて量販店へ。
色々あるんだねぇ空気清浄機。
目移りする俺を尻目に妻は目当ての機種へ一目散。
事前に情報を仕入れていたらしい。
店員のアドバイスも聞きながら決定したのがMC757-W

空気清浄機なんて所詮空気をかき混ぜてるだけだろ!
なぁ~んて不遜な思いでいたのだが。
なんの、なんの。
持ち帰って早速つけてみたけど。
良いんじゃなーい。
久しぶりにマスクをつけずにココログ更新できてるぞ。
良きかな、良きかな。
もっと早くに買うべきだったのかしら空気清浄機!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »