« April 2006 | Main | June 2006 »

ちょっと寂しい

5月は読書月間だった。

俺の利用している図書館はネットで本の検索ができる。
さらに、検索した本が貸し出し中の場合にはネットで予約が可能だ。
予約本が貸し出し可能になるとメールで知らせてくれる。
面白がって予約を入れてたら、次から次へと(貸し出し可能)メールが届き、読みたい本が手元に集まってくるので、手当たり次第に読書三昧である。
久しぶりに本に埋もれた生活だ。
楽しい。

メガネ(老眼鏡ともいう)が手放せなくなってきた。
寂しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅雨入り

平年より3日早く梅雨入り

 宮崎地方気象台は26日、本県を含む九州南部の梅雨入りを発表した。平年より3日、前年より16日早い。
5月の連休前から26日はビアガーデンの日と決めていたのに。強風と大雨だった。ガーデンがダメならホールだ! ってんで、ビールはしっかり飲みにいったけど。
今から1ヵ月半ほど梅雨なんだねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

運動しなきゃ

わぁおー!
いつの間に週末が終わってるんだー。
今日はもう火曜日じゃないか。
と、4日間放置の言い訳をしてみる。(こればっか!)

映画でアルツハイマーの怖さを認識したばかりだったのに、身近で立て続けに二人も脳梗塞で入院した方を見舞うこととなり、改めて健康の大切さを考えさせられた。
幸い二人とも大事には至らなかったが、やはり身につまされる出来事だ。
適度な運動と適正な食事。
う~んどうしよう。(バキッ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

記憶のあるうちに

昨夜の映画の感想を。

原作を読んでいないので映画の印象だけなんだけど、主人公の記憶が喪失していく様子を目で追いかけるために、必要以上のスピード感を感じてしまった。
たぶん、本で読み進んでいく時にはもっとゆっくり時間が流れるんだろうなぁ~と思いながら見ていた。
そういう意味では原作を読んでみたくなる映画だった。
夫婦の情愛は確かに感情を揺さぶられるが、それ以上にどうしようもない虚脱感や我が身にふりかかった時の恐怖感を強く感じてしまったのは、ちょうど映画の主人公と同じ年齢であったことも大きな要素だと思う。
いろいろと考えさせられる映画ではあった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今月3度目

現在ココログにアクセスしづらい状態が発生しています。

日頃よりココログをご利用いただき誠にありがとうございます。
現在ココログベーシック・プラス・プロにおいて、高負荷時間帯である21時~25時の間、ココログ管理画面へのアクセス及び管理画面の各種操作がしづらい状態が発生しています。
さもありなん。
ここ2日間、管理画面にたどりつけなかったもんなぁ。
と、更新しなかったできなかった言い訳をしてみる。
と、同時に21時前なら更新可能かを試してみる。

閑話休題。
別に急に映画ファンになったわけでもないし、妻との会話がなくなったわけでもないのだが、なんとなく見たい映画が続いている。
というわけで今夜も今から。
3週連続。
今月3度目の映画は「明日の記憶」。
行ってきまーす。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

母の日

先週(5/7)のことなんだけど。
お遣いを頼んだ我が子が一緒に買ってきたのがカーネーション。
「一週間早いけど・・・」と言って妻に渡していた。
我が子から母の日のカーネーションを貰ったのは初めてだ! と妻は感激していた。
そのカーネーションは今日も食卓を飾っている。
夜には(我が子から妻へ)電話もあったし。

我が子へ。
ありがとね。
おかげで良い母の日だった。

俺と妻も電話と花の宅配便を、母へ。
そんな母の日だった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今月2度目

ココログ更新の回数(は今月4回目)ではなくて映画鑑賞。
連休中の我が子との映画鑑賞に続いて、10日夜には妻と二人で。
宮崎港や日南の沖でのロケもあったという「海猿」。
妻は涙を流しすぎてハナづまりになり(?)脳に酸素が回らなくなり(?)苦しい!と訳の分からん感動の仕方をしていた。
いや、それほど面白く感動したということなんだけど。
もちろん俺も。
な、泣いてなんか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

連休中のあれこれ

6連休も終わってしまえばアッという間。
それなりにリフレッシュできたかな。

5月3日
我が子の参観日。
いつもどおり早朝(7:00)出発して帰宅したのは21:00前。
いつもより疲れた一日だった。

5月4日
一日中家の中で過ごし、夕食後、我が子と二人で映画館へ。
さすがに妻は卒業したかったらしい。
「名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌」

5月5日
のんびりゆったり過ごしたけど、それなりに仕事もした。
庭の雑草抜きと芝刈り。

5月6日
昼(12:00)から7人くらいのお客様を招いて我が家の庭でバーベキュー。
雨が心配だったけど俺の日頃の行いでなんとかセーフ。

5月7日
一日中読書。

5月8日
ホントは仕事だったんだが、我が子を送るのに有休。
これでめでたく6連休。
午前中歯医者と図書館。
午後から我が子を送って北上。
帰宅したのは21:00前だった。

何かをしたというわけではないが、何もしなかった連休でもなかった。
読書はできたし。
バーベキューもやったし。
それなりにのんびりも。
さあ、明日からまた仕事だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

17歳の我が子へ

誕生日おめでとう。
オマエの成長はとてもうれしいけれど、その分俺も歳を重ねているという事実はできれば無視しておきたい現実だ。
ともあれオマエが17年間、大きな怪我や病気も無く健康に過ごせたことに感謝しよう。
そして親元を離れて5年目、親の不安や心配をよそに日々逞しくなっていくオマエに乾杯!
といっても、オマエと酒を酌み交わすのはあと3年先だけどな。楽しみにしておこう。

さて、17歳。
振り返って俺の17歳の頃。
本を読んでた。
本が生活の一部になっていたといっても過言ではないかも。
特定ジャンルのものではなく手当たり次第。

オマエも読書は好きなようだ。
良いことだと思う。
これからも、もっともっと色々な本を読んで欲しい。(けど、これ以上の視力低下は許さんぞ。)
読書の量とジャンルの広がりは、大げさな言い方かもしれないが人間の幅の広がりにつながると思ってる。
読書を通して自分の内面と向き合うこともできるし。
たまには、何を書いているのか何を言おうとしているのか、訳のわからない本と格闘することも楽しいかもよ。

寮生活も残すところ2年。
慣れに親しまず新鮮な気持ちであらゆる事を楽しんでくれ。
充実した高校2年であることを祈る。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

道具揃え

昨日のあくまき作り(習い)に感化された妻。
本格的に始める気らしく、樫木の灰や竹の皮などを買い込んできた。
さすがに「かまどを作ってくれ!」とはいわなかったが、まだ足りないものがある。
というわけで、今日も夕食後に買い物につき合わされた。

炊き込むための大きな鍋が欲しいんだって。
今、我が家にある最も大きな鍋ではせいぜい5~6個しか作れないらしい。
4時間近く炊き込むのに5個程度では満足できないらしい。
(いったい何個作る気なのかしら?)
鉄かステンレス製じゃないとダメなんだって。
案外と高いじゃないのステンレス製大鍋。
結局、決めきれずに保留になったんだけど、これは想定の範囲内。
たぶん、別なお店と比べるはずだ。
買うのは時間の問題。

それにしても。
4時間炊くんだって。
かまど作ったほうが安上がりだったりして。
って、作る気はさらさら無いんだけど。
七輪買って炭で炊くってのはどう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »