« June 2006 | Main | August 2006 »

ようやく

豪雨も終わり、梅雨明けの気配が。
それにしても凄まじい雨だった。
降り始めから4日間で総雨量が1000ミリを超えたところ(えびの高原)や、今回の雨量が7月の月間雨量(平均値)の1.7倍にも達したところ(えびの市や野尻町)もあり、まさに天変地異というにふさわしい現象ではなかろうか。
加えて雷!
停電こそ無かったが、雷鳴轟き、パソコンを立ち上げる気力も無かった。
とさりげなくココログ未更新の言い訳をしてみる。

幸い、我が家も、実家も、知人、友人宅も今回の雷雨の被害を受けた家は無かったものの、降れば土砂降りの集中豪雨は各地に大きな傷跡を残していったようだ。
被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

まだ夏の青空というわけにはいかないが、週間予報も傘マークの日は無くなった。
雨はとにかく上がったようだ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

めがね

先日、我が子から久しぶりの電話。
何事かと思えばメガネをなくしたらしいとのこと。
ミニトライアスロンの直前にコンタクトにした時、置き忘れたらしい。
終了後、探しに行ったが見つからないとの電話だった。

ったくー。
不注意なんだから。
「でも学校内だから紛失・盗難って事もあるまい。誰か拾ってくれてるんじゃないの。」
ということで他力本願の結果待ちだったのだが。

3連休で帰省していた友人が拾ってくれていて無事手元に戻ったとの電話が先程あった。
良かった。良かった。
持つべきものは友だねぇ。

俺も我が子もメガネの買い換え費用のことばかり気になって夜も眠れなかった。
という似たもの親子の話であった。


めがねといえば。
つい最近までは、文庫本を読む時か、余程小さい字を読む時にしかつけなかった俺のめがね。
今では、朝、新聞を読む時。休日や夜の読書。ケータイでのメールのやり取り。
あらゆる場面に登場するようになってしまった。
今までは携帯用を家でも仕事場でも使っていたんだが、やっぱ、在宅用を買ってしまうと「使わにゃ損!」という貧乏性から常に装着するようになってしまうもんなんだねぇ。
そう! 老眼鏡ともいう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エアコン

フィルター掃除は一応7/3に終わっていたんだが。
例年、なるべく使わない努力をしている我が家のエアコン。
今年は先週日曜日(7/9)に義母が来たのでそこで初運転。
7/13夜、あまりの暑さに除湿運転をした。
ところが、この除湿運転で妻が喉を痛めてしまったこともあり、この3連休の猛暑の中、エアコンはついにお呼びがかからなかった。
この3連休を乗り切れたんだからもう今年はエアコンのスイッチ入れることはないんじゃなかろうかと思えるくらい暑かったのだが。

こちらのサイトでは昨日(7/16)が今年初稼動だったらしい。
マネして我が家のエアコン初稼動日を報告。

我が家のエアコン記念日は暑さ以外の理由が必要(来訪者を理由にエアコンつけるケースが多いような。)


そういえば我が子が小学5年生の頃。
何かのきっかけで地球温暖化の話題になり、「エアコンを使わないことが地球のためになる!」というような話をしたら、我が子がすっかりその気(地球温暖化防止への取り組み)になってしまい、我が家のエアコンは一時期その存在意義を失ったことがあった。
どんなに暑くても我が子はエアコンのスイッチを入れることを拒み、扇風機と冷蔵庫の氷で熱帯夜を過ごしたもんだ。

俺の説明がそれほど上手だったのか。
我が子の地球への思い入れがそれほど強かったのか。
今となっては忘れてしまったが、あまりの(我が子の)徹底ぶりに親が閉口してしまったことは懐かしい思い出だ。

今でも夏休みに帰省した我が子はエアコン無しで寝てる。
それが温暖化防止への取り組みなのか、ただ単に暑がりじゃないからなのか。
今度帰ってきたら聞いてみよっと。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

冷めるなよ

妻が先程(21:30過ぎ)帰ってきた。
我が子たちのミニトライアスロンも無事終了したそうな。
お疲れさん。

帰ってきた妻の荷物が行く時よりも増えている。
見るとマンガ本やらライトノベルやら我が子の本が箱二つ。
聞くと少し勉強に専念するから本を(寮から)処分するとのこと。

だからかぁ。
今日は良い天気だったのに一瞬だけ豪雨になったもんなぁ。
いやいや。冗談だけど。
夏休みのための移動じゃねーだろーな?
いやいや。冗談だってば。

テレビはもちろん、本(マンガ・ライトノベル)まで絶つとなると残るは勉強のみ。
少しは高校二年生の自覚が出てきたかな。
その心意気や良し!
冷まさず持続させろよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新再開?

たぶん、更新が殺到するだろうから、今日は静観するつもりだったのだが。
7月に入って1回しか記事を書いていない管理人(?)としてはそうも言っておれず。
どれほどの(ココログレスポンスの)改善がなされたのかも試したいし。
ということで、7月中旬に今月2度目の更新。
このペースでいくと月3回ペースだな。(をぃ)

夕食も済ませ、片付けも終わった妻だが、台所から動かない。
ゼリー作りに余念がない。
作成目標100個だそうな。

我が子への差し入れだってさ。
体育の授業見学だってさ。
ミニトライアスロンやるんだってさ。
その応援にわざわざ片道3時間の道のりを仕事を休んで行くんだってさ。

このクソ暑い中、ミニトライアスロンに挑まねばならないわが子たちにも同情はするが、それは学校教育における体力づくり、連帯意識の高揚、困難に立ち向かう精神修行だ。
きれいごとを並べなくても、若い時にはぶっ倒れるまで体力を使い切ることもたまには必要だ。
(今の俺だと体力を使い切ると同時に寿命も使い切りそうだけど。)

父親は心ひそかに「ま、暑いけど頑張れよ!」
なんだけど。
母親は行って応援したいんだそうな。
手作りの差し入れを持って。
仲間を誘って。

ご苦労さん。
俺の分までしっかり応援してきてくれ。

差し入れ作るのもいいけど。
俺と義母の明日の夕食の心配も少しはしてよね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

禁じ手だろ

もう3日なの?
月初が土日というのは、忙しい時には損した気分だ。

その土日は何してたか? というと芝刈りしたり、本読んだり、図書館行ったり。
ま、それなりにのんびり過ごしてはいたのだが。

日曜日の朝のこと。
俺が目覚めて布団を起き出した時には、妻はまだ夢の中。
時折、雨足が強く窓ガラスを叩いていた。
テラスに干してあった妻の靴を雨を避けて取り込んだ。
新聞を読んでいると電話が鳴り出した。
寝ている妻を「そっとしておいてあげたい」という優しい夫(もちろん俺のこと)は、すばやく受話器を取った。

「もしもし?」
聞き慣れた女性の声だ。
「誰だっけ?」「職場の女性?」「飲み屋のママ?」「それとも・・・」
俺の頭の中に数人の女性の顔が浮かんできたが、どの顔も声と一致しなかった。
でも確かに聞き慣れた声だ。
少しの不安が頭をよぎり、電話に応答できない。
「失礼ですがどちら様ですか?」
訊ねるしかない。と思い声に出そうとした時。
「おはよ~! わたしよ~!」

な、なんと。
その声の主は。
聞き慣れている筈だ。
隣の部屋で寝ている妻じゃないか!
電話のベルで起こされては気の毒だと、俺が細心の注意を払った対象である妻が。
「悪いんだけど~。雨が結構強く降ってるから~。テラスに干してある私の靴入れといて~。」
だと。

隣の部屋から。
ケータイで。
我が家の固定電話に。
寝たまま。

そんな手があったのか。
同じ屋根の下で電話で会話するなんて思いもしなかった。

なにより。
これで俺が靴を取り入れたら。
俺って妻にケータイで操られるリモコンロボットじゃないか?

良かった!
操られる前に取り入れといて。(違)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »