« 冷めるなよ | Main | めがね »

エアコン

フィルター掃除は一応7/3に終わっていたんだが。
例年、なるべく使わない努力をしている我が家のエアコン。
今年は先週日曜日(7/9)に義母が来たのでそこで初運転。
7/13夜、あまりの暑さに除湿運転をした。
ところが、この除湿運転で妻が喉を痛めてしまったこともあり、この3連休の猛暑の中、エアコンはついにお呼びがかからなかった。
この3連休を乗り切れたんだからもう今年はエアコンのスイッチ入れることはないんじゃなかろうかと思えるくらい暑かったのだが。

こちらのサイトでは昨日(7/16)が今年初稼動だったらしい。
マネして我が家のエアコン初稼動日を報告。

我が家のエアコン記念日は暑さ以外の理由が必要(来訪者を理由にエアコンつけるケースが多いような。)


そういえば我が子が小学5年生の頃。
何かのきっかけで地球温暖化の話題になり、「エアコンを使わないことが地球のためになる!」というような話をしたら、我が子がすっかりその気(地球温暖化防止への取り組み)になってしまい、我が家のエアコンは一時期その存在意義を失ったことがあった。
どんなに暑くても我が子はエアコンのスイッチを入れることを拒み、扇風機と冷蔵庫の氷で熱帯夜を過ごしたもんだ。

俺の説明がそれほど上手だったのか。
我が子の地球への思い入れがそれほど強かったのか。
今となっては忘れてしまったが、あまりの(我が子の)徹底ぶりに親が閉口してしまったことは懐かしい思い出だ。

今でも夏休みに帰省した我が子はエアコン無しで寝てる。
それが温暖化防止への取り組みなのか、ただ単に暑がりじゃないからなのか。
今度帰ってきたら聞いてみよっと。

|

« 冷めるなよ | Main | めがね »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

スイッチを入れようにも我が家にはエアコンがありません(爆)
だいぶ身体も慣れてきて、どうやら今年も意地で買わないのが続きそうです。

Posted by: くっきも | 2006.07.17 at 22:44

うちでそれをやったら多分犬がまず死に、次に息子、最後に私が死ぬんだろうなあ。(;・∀・)
マンションの1Fなので、窓を開けっぱなしで寝るわけにもいかず。(開けたらもっとむし暑い空気が入ってくるから閉めてるほうがマシだけど。^^;)
同じ東京に住むんでも海沿いの高層マンションならエアコン要らなかったかもなあ。(;・∀・)

Posted by: 黒陣馬 | 2006.07.18 at 00:59

ぶははははは!
絶妙の一言コメントっ!
すいません、数年前の自分が偲ばれ、素直に吹いてしまいました>くっきもさん
ご自愛くださいませ。

と、よそ様のスペースでおしゃべり、申し訳ありませんでした、ハルクさん_(._.)_
9日でしたか~。限りある資源、有効に使ってあげたいですね(笑)

明朗で真っ直ぐな息子さんのエピ、微笑ましいです。私にもそれよりもう少し小さい頃のエピがありまして、禁煙グッズのTVCMを見ていて「おとさんの肺もあんなの?(真っ黒)」と問いかけ、父は煙草を断ちました。
ですから、説明名人のハルクさんに是非気をつけて欲しいこと。それは「禁酒がいかにエコにつながるか(謎)」。隠し通してくださいねw。

Posted by: おやゆび | 2006.07.18 at 01:14

くっきもさん、黒陣馬さん、おやゆびさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

くっきもさん;
すげー! エアコン無しの生活を実践してるんですか。我が家もエアコン故障したらマネします。(たぶん)^^;
>だいぶ身体も慣れてきて、
そうなんですよね。慣れるんですよね。身体。

黒陣馬さん;
>うちでそれをやったら多分犬がまず死に、次に息子、最後に私が死ぬんだろうなあ。(;・∀・)
ということは。犬が一番人間的で、黒陣馬さんが一番野生的ということですね。やっぱり。(バキッ)^^;
都会の暑さは人工的な暑さを感じますよね。

おやゆびさん;
チッチッチッ!
「飲酒がいかにエコにつながるか」を口角泡を飛ばして説明してるんですが、妻も我が子も聞こえない振りしてるんです。困ったもんです。^^;

Posted by: ハルク | 2006.07.18 at 22:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9818/10986192

Listed below are links to weblogs that reference エアコン:

« 冷めるなよ | Main | めがね »