« February 2008 | Main | April 2008 »

卒業おめでとう

卒業おめでとう!
12歳で親元を離れての寮生活と学校生活。
おまえの頑張りに敬意を表し感謝の言葉を送ろう。
健康に健全に成長してくれたことに「ありがとう」
そして一緒に感謝しよう。
おまえの6年間に関わってくれた全ての人と全ての出来事に。
「ありがとうございました」

大学入学おめでとう!
おまえの第1志望校ではなかったけれど。
挫折や悔しさ、それも貴重な経験だ。
今後に活かしてくれ。
と同時に、沢山の人がおまえを見守り、励まし、気遣っていてくれたことを忘れてはいけない。
その人たちにも感謝の言葉を。
「ありがとうございました」

あらゆる可能性を秘めた未来に向かって!

少年よ大志を抱け
それは金銭に対してでも自己の利益に対してでもなく
また世の人間が名声と呼ぶあのむなしいものに対してでもない
人間が人間として備えていなければならぬ
あらゆることを成し遂げるために大志を抱け
自分一人だけが満足できるものは夢ではない
周りの人や社会に役立つことが夢になる
夢とはどんな困難を乗り越えても達成したいものであること
夢は行動してこそ夢 行動の伴わないものは幻である
人多き人の中にぞ人とあれ 人になれ人 人となせ人

| | Comments (2) | TrackBack (0)

謝恩会

 僭越ではありますが、謝恩会の実行委員長ということで、保護者を代表して一言お礼を申し上げたいと存じます。
 その前に先ず、保護者の皆さん、お疲れ様でした。皆様の積極的なご協力、ご尽力により謝恩会が滞りなく、盛会裡に開催できましたこと、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

 先生方はじめ寮職員の皆様方、本日はお忙しい中、謝恩会にご出席頂き、誠にありがとうございました。
 振り返ってみれば「アッ!」という間の6年間でしたが、6年前、まだ幼さしか見えない子供たちをお引き受け頂き、学校や寮で、さらにはご自宅で、陰に日なたにお力添えを賜りましたこと、言葉では到底言い表せないことではありますが、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。改めて心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。
 お蔭様で子供たちは、五ケ瀬の豊かな自然の中で伸び伸びと逞しく成長したと実感しております。学校の創設の言葉にあるとおり、天と地と人に学び、天と地と人を学び 子供たち一人ひとりが輝く何かを見つけてくれたものと確信しております。
 いよいよ明日、子供たちは五ケ瀬を巣立っていくわけでありますが、五ヶ瀬が第2の故郷になったことは疑いようもございません。これからも折に触れ五ケ瀬のお世話になることがあると思いますが、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
 子供たちはもちろん、私たち保護者も、五ケ瀬での6年間の貴重な経験をこれからに活かしていくことをお約束して、意を尽くしませんが感謝の言葉とさせて頂きます。本当にありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

弥生一日

いよいよ謝恩会(3/2)&卒業式(3/3)だ。
6年間、我が家と学校への往復回数は120回。
276キロメートル×120回=33,120キロメートル。
愛車の累積走行距離が92,700キロだからその3分の1以上を占める割合となる。
みんなよく頑張った!

明日の謝恩会は保護者代表挨拶をしなきゃならん。
最後のお役目だ。
感謝の気持ちが伝わりますように。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »