反応してしまう

嫌いというより怖い部類に入るゴキブリなんだけど。
怖いからこそ、こういう記事に反応してしまう。
ゴキブリも「パブロフの犬」と同じ反応…においで唾液

 水波助教授らは、体長約3センチのワモンゴキブリにペパーミントのにおいを吹きかけた。これだけでは、唾液の分泌をつかさどる神経細胞はほとんど活性化しなかったが、においを吹きかけた2秒後に砂糖水を与える条件付けを5回繰り返したところ、ペパーミントのにおいだけで神経の活動が活性化したことがわかった。
ゴキブリを研究材料にすること自体、俺にとっては考えられない事なんだが。
 水波助教授によると、哺乳(ほにゅう)類以外の動物でこうした条件反射が確認されたのは初めて。研究成果は、昆虫の脳機能の高さを示す一例として、英実験生物学誌2月号に掲載された。
環境適応力があって、脳機能も高い!言うこと無いじゃん。
そのうちコミュニケーションをとれるようになる!なんて・・・
ウー。考えたくない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

しっかり頼むよ

来月には利用しなきゃならんのだから。
到着時間と宿泊パックの関係でどうしてもJALになってしまった。東京往復。

安全対策に外部の声を…国交省、日航に異例の行政指導

 羽田空港に着陸した日本航空機の前輪が脱落するなど、日航で運航トラブルが相次いでいることを受け、国土交通省は17日、安全対策について外部の有識者からの意見を取り入れる組織を社内に設けるよう、同社に対して異例の行政指導を行うことを決めた。北側国交相も同日の閣議後会見で、「安全のための規制を強化する必要がある」との考えを示した。
外部の有識者からの意見による安全対策ってなんだろ。規制を強化すれば安全になるもんでもないし。
とにかく来月利用するからしっかり頼むよ。
不安だなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

パソコン長すぎイライラ

ココログが重くてイライラするっていう話しかと思った。(おぃ)

パソコン長すぎイライラ 夫婦の「時間」を調査

夫の2割、妻の3割が相手のパソコン使用を「長すぎる」と感じている--。6月10日の「時の記念日」を前にシチズン時計が実施したアンケートで、家庭に普及したパソコンが夫婦間に新たな「いらいら」を生んでいる傾向が明らかになった。・・・中略・・・
相手の行動で「時間が長くてイライラするもの」を尋ねたところ、妻の29・5%が「パソコン」と答え1位。

ふ~ん。そうなのかぁ。
早速妻に尋ねてみた。
妻 「うん。それ、あるかも。」
俺 「だって、俺がパソコンしてる間、おまえはテレビ見てるか、寝てるかじゃないか。」
妻 「相手してくれないから、しかたなしに、そうしてるのよ。」

俺がパソコンしてない時も同じ(テレビか寝てるか)だし。何より韓流ドラマ見てる時には、こちらから話しかけても返事もしてくれないことは、あえて言わなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

珍鳥

宮崎市の公園に珍鳥ヤツガシラ飛来

 全国的に目撃例が極めて少ない渡り鳥のヤツガシラ(ヤツガシラ科)が宮崎市の住宅街に飛来した。・・・中略・・・
 ヤツガシラは頭部の大きな冠羽と長く曲がったくちばしが特徴で、体長は二五センチ前後。主に中国大陸に分布しており、日本列島に渡ってくるのはまれという。
頭の先に8つの冠羽があることからヤツガシラ(八頭)と呼ばれるこの野鳥は、旅鳥として日本にも渡来することがあるが、それは希のことであるため、めったに見ることが出来ない珍しい鳥とされている。
ヤツガシラって名前すら知らなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4月1日から変わる暮らし

新年度が始まる今日(4月1日)から暮らしをめぐる諸制度が変わる。
各種保険料の値上げ
 自賠責保険:自家用車の2年契約では2,150円上がり29,780円に
 雇用保険:サラリーマンなどの賃金総額の0.7%を0.8%に
 国民年金保険:月額280円上がり13,580円に
 但し景気低迷の折、年収ペースで前年を上回った者だけに限定する。
各種法律の施行
 個人情報保護法:第三者への無断提供や目的外使用を制限
 先ずは行政が民間のお手本となるべく率先して対応すること。
 犯罪被害者基本法:精神的ケアや給付金支給の充実
 改正児童福祉法:市町村に子ども虐待の相談窓口を設置
 児童虐待の事実があった場合は加害者はたとえ親であろうとも厳罰に処す。
 発達障害者支援法:自閉症などの早期発見、適切な教育や医療
 改正育児・介護休業法:育児は1歳半まで、介護は通算93日間に拡大
金融・ビジネス
 ペイオフ全面解禁:預金1000万円までと利息は保護、それ以上はカットも
 メキシコとのFTA発行:自動車の輸出拡大、オレンジや豚肉の輸入増に期待
 知的財産高裁を新設:特許権や商標権、著作権などの訴訟を専門に審理
 電力自由化が拡大:小規模工場向けの電気料金値下げも。併せて一般家庭での発電、蓄電に対して奨励金制度も
地方・その他
 新市町村合併特例法:市町村数は3月末の2521から2395に
 高速道路のオートバイ2人乗り解禁:20歳以上、免許取得後3年以上が条件
 さらに、アベックでの二人乗りは例外なく禁止 

住み良く変わって欲しいもんだ。
それにしても、沢山の事実の中に紛れ込ませると嘘もそれらしく見えるじゃないか。
ど、どれがエイプリルフールだっけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三月終了

きょう特例法期限

 合併特例債などの優遇措置を備えた現行の合併特例法が三十一日、期限を迎える。これまで県内で県に合併申請を行い、特例法下での合併が確実視されるのは六地域十九市町村。来年一―三月に新市町が誕生し、本県の枠組みは四十四市町村から三十一市町村へと変わる。
平成の大合併も特例法の終了によって一段落ってところかな。
本県は現段階で一番手続きが進んでいるのが宮崎市と佐土原町らしい。
一方では(高岡)町長のリコールや住民投票の結果を覆す(北郷町)議会の議決やら、何かと尾を引く騒動も起きているようで、まだまだ波乱含みかな。

惜別のテープ海彩る 延岡・島野浦小、中で離任式

 県内多くの小、中学校で離任式があった三十日、延岡市の離島にある島野浦小、中学校では、教諭らを島ぐるみで見送った。フェリー上の教諭らと、港に立つ子どもたちや島民をつなぐのは、互いに握り合った百本以上の紙テープ。名残を惜しむ気持ちを乗せるかのように、色とりどりの紙テープが海上で長く尾を引いていた。
昔、俺もやったことがある。
幼心に紙テープの長さが異常に長く感じて、船が陸から見えなくなってもまだテープはつながっているんじゃなかろうかと本気で思っていた。

別れの三月終了。
年度末の三月終了。
早いもんだねぇ。
1年の4分の1が終わったぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだまだ続く

雪、強風冬へ逆戻り? 県内荒れる

 冬型の気圧配置が強まった二十四日の県内は、各地で気温が下がり、強風が吹く荒れた天気となった。また県北の山沿いでは、この季節には珍しい降雪が見られた。
寒かったぁ~。
妻は我が子を迎えに行ったら、吹雪や霰の別世界だったらしい。
3月も終わろうとしているのにまだまだ続く異常気象と花粉飛散かな。
むぅ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スシに続いてえびふりゃ

スシは食い飽きたと見える。
次はご当地版だって。

 ソリッドアライアンスは、エビフライ・シウマイ・たこ焼き型USBメモリの発売を開始した。価格は128Mバイトモデルで8200円から。・・・中略・・・
 ラインアップは、「横浜」シウマイ、「名古屋」エビフライ、「大阪」たこ焼きの3種類、容量は128Mバイト。価格はオープンプライス、同社通販サイト価格は、シウマイ・たこ焼きモデルが8200円、エビフライモデルが9800円。
同じ128Mバイトモデルなのにエビフライだけが9800円とは。やっぱ、えびふりゃは別格ってことかな。
 ちなみに上記3ラインアップは同社によると、「USBメモリと、とくに相性のよい特産物をかたどった」(?)としている。何の相性なんだかは定かではない。シウマイやたこ焼きは球状に近い形であるのでまだ実用の可能性もありえるが、エビフライは……。ここまで来ると何でもありな気がしてきてしまう。
確かに。こうなりゃ「くじらようかん」も作って欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ザトウクジラだって

門川沖に漂流クジラ 重さ7トン、既に死亡

 門川町の門川漁港に二十八日、体長約九・五メートル、重さ約七トンもあるザトウクジラ(ナガスクジラ科)とみられるクジラの死骸(しがい)が引き揚げられた。ザトウクジラは本県近海でほとんど見られないとあって、関係者も驚いている。
そりゃそうだろ!宮崎近海でザトウクジラなんて!見たことも聞いたこともなかった。
ミンククジラなら生きたまま定置網に入ることがあるらしいけど。
 日本鯨類研究所(東京)によると、ザトウクジラがこれまで本県沿岸で生きたまま座礁したり、死骸が漂着したりした例はないという。
これも異常気象の影響?
あるいは天変地異の前触れ?
それとも花粉大飛散の前兆?(おぃ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソフトを充実しよう

小中高校の防犯システム整備1.4% 全国最低

 大阪府寝屋川市の小学校教職員殺傷事件を受け、学校の安全確保がクローズアップされているが、県内の小中高校などで防犯監視システムを導入している学校はわずか1・4%で、整備率は全国で一番低いことが文部科学省の調査で分かった。ただ、県教委は「地域で子どもたちを守る取り組みの方が、本県の教育カラーに合っている」として、ハード面に頼らず、地域との連携を強めることで防犯に努めていく。 ・・・中略・・・
防犯カメラ、センサー、インターホンなどの防犯監視システムが整備されているのは、県内では上新田中(新富町)と養護学校六校の計七校。整備率は全国で最も低く、逆に最も高いのは大阪府の78・8%、全国平均は40・6%だった。
全国最下位とか最低とかが定位置になった感のある宮崎だが、これに関してはこれで良いのかも。
県内の整備率の低さについて「現実的に自治体の財政面の厳しさがある」のは確かだろうが、それよりもやはりソフトの充実だと思う。それが「田舎の良さ」であり「強み」になると思うから。
「地域」「学校」「職場」「親」それぞれが、それぞれの役割を認識して実行できればハードに頼らない防犯は可能なはずだし、そうあるべきだと思う。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧